Costa Rica 探鳥 最終日・最終

Cerro Lodge近くで

タルコレス川でのクルーズを終えて昼食とチェックアウトの為に、ロッジに戻りましたが、ロッジ手前で、ガイドがロッジを通り越した場所に名前忘れたけど鳥がいるので撮影するかと聞いたので(確かアメリカのケリだと思ったが)、行くことに。

しかし、その鳥はいませんでした。ケリだったはづですので、牧草地でした。環境的には、いても不思議はない環境。

それでも、2種の鳥がいました。

White-throated Magpie-Jay

図鑑を見たときに、頭の飾り羽が印象的で、これも見てみたいなと思った鳥なんですが、嬉しかったというよりこのカケスにはその大きさに(@_@)でした。カケスは大型の小鳥という印象。でもアメリカのは更に大きいという印象。だけど、この鳥、オオタカくらい(48㎝)。

Eastern Medowlark

まあ、雲雀(日本のと同じではないと思うけど)なんで普通種でしょう。これも、名前から想像するよりも大きいし派手。

 

昼食を摂って、チェックアウトしてCarara N.Pに行くことになってました。バゲージは、ロッジに預けて戻る予定で撮影機材だけをもってでかけました。すると、直ぐにガイドが車を止めました。メインロードへの接続道のすぐ横の木に、こんな素敵な鳥がいました。

Gartered Trogon

Carara National Park

 

駐車場について、トランクの中にズームレンズのセットを置いていこうとしたら、ガイドがそれは危険ということで、スペアタイアの中に隠しました。

中米では治安の良いコスタリカとはいえ、日本と違うので気をつけねばということを感じました。

その公園では、1時間強しか時間がなかったので、あまり撮影できませんでした。時間帯により、水場には、マイコドリがくるようです。今回はその時間がありませんでした。もう少し、ここで探鳥したかった。

Scarlet Macaw

動物園などで見かける鳥を野生でみるのも海外探鳥の醍醐味ですよね。それにしても、このインコは、騒々しい声でないていました。とはいえ、撮影できる場所に出てくるとは限らないので撮影できてよかった。

Orange-chinned Parakeet

高い木の上にいたうえに、小さい鳥(18cm)だったので超証拠写真でした。

Barred Antshrike

なかなか、渋いというか粋な感じの鳥。

これが、コスタリカの最後の鳥になりました。

いままで、鳥以外は紹介しなかったのですが、コスタリカで最後に望遠レンズで撮影した動物を紹介しておきます。

White-nosed Coati

 

このあと、ロッジに戻り、シャワーを貸して頂き、サンホセに向かいました。途中で今回唯一ではないかと思われる高速(有料)道路のような道を走りました。

サンホセで夕食をガイドと共にして、空港まで送ってもらいましたが、空港では一杯時間があまってました。

なにしろ、翌日の午前1時30分発でしたので。

開いていたのが、このCafeだけ。ガラガラの状態でした。帰国もヒューストン経由で、順調なフライトで時間通りに帰国しました。

これにて、Costa Rica 探鳥記はやっと終了です。長い間ありがとうございました。

最後にこの探鳥をセットしていただいたコモリさんありがとうございました。

Costa Rica 探鳥最終日 その3

タルコレス川ボートクルーズ続き

一旦川を下ってから、別の流れ?で内陸のほうの、マングローブの中に船は進んでいきました。

Roseate Spoonbill

マングローブの中にはいないかったですが、単独で川岸にいたり、飛んだりしていました。

Tricolored Heron

littele blue heron

Green Heron

前回紹介済ですが、首を伸ばしていると別の鳥に見えてしまいます。

Red-winged Blackbird やOsprey(ミサゴ)もいたのですが、マングローブに入る前には

Moscovy Duck

その付近だったと思うのですが、上空には

Snail Kite

Boat-billed Heron

マングローブの入ると、両岸の枝の近くに鳥を探してゆっくりと進んでいくのですが、こんな奇妙な鳥に遭遇。でも、動かなかったのです。残念!

ここのメインターゲットは多分、Kingfiher。でも以下の2種しか撮影でませんでした。

Ringed Kingfisher

このカワセミには何度も遭遇したんですが、飛びものは撮影出来ませんでした。

Green Kinfisher

Amazon Kingfisherや、もっと小型のAmerican Pigmy Kingfisherもいるんですが見つかりませんでした。

Yellow Warbler (mangroove resident spicie)

Yellow Warblerは、渡り鳥と留鳥の2種いますが、こちらは留鳥の方です。

Scaly-breasted Hummingbird

前日に撮影したハチドリですので1枚だけ紹介。

Lineated Woodpecker

一寸、いい感じのキツツキでした。

Northern Jacana

2-3度出てきたと思うのですが帰りがけの岸にもいました。

 

最後に超普通種の燕を

Mangrove Swallow

撮影には苦労しました。燕は近くで撮影は難しすぎ。

ワニを最後に紹介してでタルコレス川クルーズの探鳥は終了です。

 

 

Costa Rica 探鳥 最終日その2


朝食の後、タルコレス川クルーズで探鳥

朝食の後、タルコレス川でのクルーズで探鳥の予定であったが着いてみると、船がいない。既に出てしまったのか?ガイドも困惑していた。

どこでどう交渉したのか、我々だけの貸し切りのクルーズとなった。結果的には撮影には良い条件となった。三脚を置いてじっくり狙うことと、手持ちでフットワーク良く狙うことの両立が可能となった。

ボートに乗る前の探鳥

Inca Dove

Morning Dove

7:23:14 PM

White-winged Dove

 

全部普通の鳩なんですが、当地では初めてとか確り撮影していなかったので撮影しました。この鳩達、Texasに全部いて、そこでも普通種でした。

タルコレス川ボートクルーズ

風景写真を撮影すればよかったのですが、特に意識していなかったのでスマホ写真もデジカメ写真もありません。望遠レンズで撮影した写真を代わりに貼っておきます。

 

以下、順にと言いたいところですが、一部順番ではなく紹介です。

Cattle Eglet

って、単なるアマサギだけど。世界に一番広く分布している鳥の1種

Bare-thoated Tiger Heron

Green Heron

 

その上空の遠くを

Scarlet macaws

が飛んでいきました。それにしても遠かったな。

と同じ方角に

Plumbeous kite

川の岸に目をやると

American white ibis

だんだんと、河口に近くなったような感じでしたが、その上空では、

Magnificent Frigatebird

が群れで飛びまわっていました。

見慣れた、シギも

Black-bellied Plover

 

ガイドは、すこし珍しいような感じで紹介していたけど、三番瀬の常連の「トウネン」です。間違えです、ダイセンですね!

 

日本にはいないシギも当然います。

Spotted Sanpiper

三番瀬のいた、ハイブリットのアラオバはこの鳥(アメリカイソシギ)とオバシギの混雑種だったような?

Willet

Brown Pelican

も群れでいました(アメリカの海岸の常連ですね)

Woodstork

も飛んでいました。

撮影種が多いのと一旦ここで終了し次回に。

 

 

 

Malaysian hill Partridge

マレーシア探鳥4日目#最終

その日のフライトは午後2時半、2時間前だと12時半。当日は、学校休み?の最終日で渋滞が予測されるので、4時間くらいみておきたいと。朝食付きのホテルなんですが、放棄。出発=チェックアウトで。

Malaysian hill Partridge 

和名:マレーシアミヤマテッケイ

スプリットされて、固有種扱いなんです。なので、和名が?勝手に命名した。

時間まであと30分くらいの時に、遠くの方に、なんか走っていく鳥が。それを何とか撮影。

その後、鳴声がすると思ったら、道路を集団で駆け抜けていきました。これでも、撮影したことにはなるし、取り敢えず今回の遠征のターゲットは完勝ということで、帰り支度を。


車に入ろうとした瞬間、今回の旅のコーディネートをしてもらった、アンドリューが餌場に来たと。慌てて、これを撮影。でも、時間がない。5分強最後の撮影をして空港に直行。

ドライバーは車を飛ばして、11時30分過ぎに到着。これなら、朝食兼昼食は余裕かなと思ってましたが、意外と余裕はありませんでした。

これにて、今回のマレーシア探鳥は終了です。

新三脚&新雲台投入

新雲台&三脚

今までの三脚が使えなくなったのではないのですが、中古で買った時から3本の内1本の締め付けが弱く開脚時に確り開くことと、担ぐときのその脚を上にしていると垂れてくるといった症状が出て・・・・いつかはと思ってました。

それと、Gitzoのシステム雲台のように脚の開きが広そうな三脚が安定していていいなと思っていました。

でも高い?別にBenroでもInduroでも良いけど(今はInduroの3型4段の三脚)、高いな。

ふとB&Hを見たらBenroの4型4段の、日本では見たことない型のが、320ドルの表示。安い、でも日本で売ってない型(Flip型)のコンビネーション4型4段なので、壊れたら修理は?と悩んでいたが、人柱になる覚悟で購入してみました。

コストは、320ドル+60ドル(輸送費)+3500円関税≒42,000円

月曜の注文したら木曜日に届きました(早い)

Benro COM48CL Combination Series 4 Carbon Fiber Tripod

新規に買った雲台(後で紹介)を付けて

全部脚を縮めると57㎝、全部伸ばすと148㎝

三脚のキャリーバッグ付きです。

ハスの形をしたゴムと石突きの脚もスペアでついてました。

ハスの脚とハメるとこんな感じ

Benroは、Made in China ではあるけど、まあ、大丈夫でしょうか?

実践の使用感は、またの機会に。

UniqBall UBH 45X Ball Head with Bidirectional Clamp

本当はMarkinsのQ20iQ-BK・BV-22 セット の購入を検討していたのだが、Benroの三脚を見たときにB&Hのページで雲台を見てしまたのが運の付き?

この雲台が540ドルで売られていた。ここで、三脚と一緒に買えば、郵送費も安いのではないか?やってみたら20ドルくらいしか運送費が増えない。ということは、560ドルと関税(5千円ほど)で買える。63千円(日本だと136千円で売っている、逆になんでそんなに高いの)?

や・安いということで、ついついポチと。

商品説明を簡単にすれば、自由雲台が2重になっている。外側のボールがレベラーになっている。なので、システム三脚(コンビネーション)でも、ハーフボールや、専用レベラーを付けなくとも水平が取れる。レベラーとして使わなければ、自由雲台的に動くが、フリクションコントロールの機能はない。・・・これがあれば、この雲台さらに素晴らしいと思うのだが。

水平取れたって、自由雲台なら横倒れになって、意味ないのでは?となるのだが、内側ボールの動きは、横(パン)、縦(ティルト)方向にしか動かないジンバルの動きと同じ、何故そうなるのか機構はまった分からない。フリクションも調整できる。

これで耐荷重は40kg。自重724g。856でも運用可能。これはいいと思ったのだが。私には、一つの問題が届いてから分かった。仰角と俯角が浅い。上の写真が仰角の限界ポイント。

外側のボールをレベラーとしての使用をやめて、外側のボールごと傾けるという手は残る。

鳥撮影だと、頭上の鳥も撮らざるを得ない時もある。これは、なんとかなるかなと思うが、高い角度での飛びものは難しいと思う。

兎に角、三脚+雲台で3.1kgと軽い。雲台が軽いのは、ウェイトの重心が低くなって安定がよくなるし、持ち運びのバランスも良くなると思う。

こちらも実践後のレポートの予定。

最終日その他の鳥

 

マレーシア探鳥4日目#2

Spiderhunterとターゲットバード以外の鳥を紹介しますが、既に紹介済のものばかりです。

 

 Rufous-browed Flycathcer
Streaked Wren Babbler
Emerald Dove

和名:アカメヒタキ

:ノドフササザイチメドリ

:キンバト



malayan laughingthrush は、何回もでてきたので、食傷気味で掲載しません。この3種も極めてフレンドリでしたが。

 

Streaked Spiderhuntet

;マレーシア探鳥4日目#1

最終日は、余り時間がなく、3時間1本勝負で、Malaysian hill Partridgeを狙ったのですが、これが超苦戦でした。

の時に出てきた鳥です。

 Streaked Spiderhuntet

和名:タテジマクモカリドリ


出が悪かったので、そこに出てきた鳥を撮影しましたが、バナナの花?に止まった鳥。感じのいいクモカリドリで好きなんです。これで3回目でしょうか。今回が一番の出来だとおもいます。

クモカリと言っても、蜘蛛を食すよりも花の蜜が好物のような気もします。