南部タイ最後の鳥

最終日の最後にPhang Ngaマングローブで撮影した鳥です。ガイドが見せたかった鳥が最終日は上手く出てこなく苦労していましたが、この鳥は15分くらいで探して出てきました。

クロアカヒロハシ(Black and Red BroadBill)です。

暗いマングローブで曇り空、時間も4時近く、三脚も開けず、SSも上がらずブレブレでした。

このほかには、オウチュウ、オウチュウカッコウ、レンカク、ムラサキサギ、ツメナガセキレイ、ミドリガラスモドキなどです。見ただけの鳥はもう10数種です。

南部タイの鳥これで終了です。

 

ヤマショウビン

このカワセミもKrabiのマングローブで撮影したものです。

南タイではヤマショウビン(Black-capped Kingfisher)は冬にはレアではなくそれほど難しい被写体ではないようです。

アカショウビン(Ruddy Kingfisher)の方がレアなようです。手持ちでしたのでピンが合わなくてあせりました。

唯一の背中から写したもの。

レアではないと言っても、ガイド曰く、「Very Shy(大変な恥ずかしがり屋)」なので撮影できた時間は短かったです。

チャバネコウハシショウビン

Krabi(クラビー)のマングローブの中にロングテールボートで入って行き撮影したものです。

三脚禁止で手持ち撮影で辛かったですが、手摺を利用してなんとか撮影しました。

チャバネコウハシショウビン(Brown-winged Kingfisher)この鳥さんとは、ランカウイ島以来です。

魚を咥えた場面ですが、暗かったです

オオアカショウビンとも言うのですが、アカショウビンを羽を茶色

ホオアカコバシタイヨウチョウとヒタキサンショウクイ

ホオアカコバシタイヨウチョウRuby-cheeked Sunbird

公園の駐車場の近くに営巣していました。まず♀が餌を運んできました。

♂がその次に餌を運んできました(2枚)♂は名前の通りホオがルビー色で綺麗な鳥です。

営巣中だったので♂♀とも1シーンで切り上げました。

ヒタキサンショウクイ

Bar-winged Flycatcher-shrike

この鳥は公園外での撮影です。


 

オオヒメコノハドリとクロバンケンモドキ

Krung Chingの最終日、朝一の撮影で、まだ曇り空の中の撮影でした。

そんな時にかぎって、空抜けのような場所ばかりに鳥がでてきました。

まあ、自然相手だし、海外探鳥だと本当に一期一会になってしまいますので、撮影できただけで感謝ということにしています。

オオヒメコノハドリ(Great Iora)

腹の綺麗な黄色はでているんですが、背中の色が見えないですね。

クロバンケンモドキ(Black-billed Malkoha)

Malkohaは今回初めての撮影なんですが、これで4種目になりました。

 

キビタイヒヨドリとキムネハナドリモドキ

キムネハナドリモドキ(Yellow-Breasted Flowerpecker)♀Krung Chingのトレイルの登りの途中で出会った鳥なんですが、

撮影時にトラブル、レンズが結露。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

結果この色が少し変な写真が残りました

その前に、トレイル入り口付近で撮影しました。でも、枝被り

キビタイヒヨドリ(Stripe-Throated Bulbul)です。

最終日にもう一度撮影できましたが、空抜けです。木の実を咥えて、いいシーンなんですが。

クイナチメドリ

この鳥もKrung Chingで撮影したのですが、ガイドの説明を聞くまでそんな珍鳥と思わなかったのです。とても臆病なので撮影が難しい鳥だそうで、この公園も

3年ぶりに3週間まえに戻って来たと言ってました。クイナチメドリ(Rail Babbler)

クイナでもなくチメドリでもない1属1種臆病なのでシールドの中で待機、30分以上待ったころ

キタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!

でも近すぎ、レンズの最短切りそうだんだん遠ざかって、普通のサイズで撮影

南部タイではクロハラシマヤイロチョウの次に撮影したい鳥だとか