Japanese paradise flycatcher

2日前に、久しぶりに近所での探鳥ではなく、少しだけ遠出してきました。とは言っても県内ですが。

先週、巣作りをしているという情報だったので、まだ作成中なら、比較的楽に撮影できるだろうと思って行ったら、駐車場に車が少ない。何か不安を感じながら、森の中に入っていくと。巣の巣の近くに3人のカメラマンだけ。?聞いたら、巣は放棄した可能性が高いとのこと。

仕方ないので、水浴び場に行ってみるともう一人のカメラマン。少し話していると何か飛んできた。来た~と分かったので撮影したが、テレコン付けていたので、尾が切れてしまった。直ぐに飛んで行ってしまった。地元カメラマンがなら、少し奥で水浴びかもというので、そこに行ってみると。いた。

今度は、止まった場所悪く、顔が枝かぶり。何とか撮影できる場所を探して撮影すると、今度も尾が入らない。

そのご、昼近くにになって別の場所で巣作りを始めたとの情報。で、行ってみたら、メス単独での巣作り。♂は近くにいる気配はあるものの、撮影できる場所に来ない。近づくとメスがオスを追い払うので、オスが撮影できない。それでも2-3度何とか撮影のチャンスがあり、なんとかゲット。

メスだけで巣作りに励んでいた。

オスの写真はこんなものしか撮影出来ず、ほんと、この鳥とは相性が良くない。

ヨシゴイ

ヨシゴイ撮影に行った訳じゃなく、サンカノゴイ撮影に行ったけど振られただけのつまらないものです。

ギョギョシも当然いたけどね。この声聞くと暑さ感じてしまうんですね。

なんだろうな、6時半についたけど、全然でてこなくて11時近くまで粘ってしまった。地元の人が言うには、朝早くってっても一緒だし。最近、出が悪く行った日の前日も10時半くらいにチョットだけ出て田んぼの方にも行かず隠れてしまったとのこと。
一方ヨイゴイは、もう彼方此方に飛び回っていて、いったい何羽いるんだろう?っていう状態。だけど、近くに出てはこないので写真としてダメですね。
蓮ヨシゴイが撮影できたころが懐かしい。

三光鳥

久しぶりに三光鳥の名所に行ってきました。

朝着くと、直ぐに巣近くにに出現。でも、カメラ設定を間違えてブレ写真でした。本当になにをやっているのやら。別に巣を見に行ったのではなくそこを通らないと奥に行けないのです。

これなら今日は期待できるかなと思っていたのですが、巣近くもどうやらその時だけだったようで、帰りがけにみるたカメラマン2名。巣は、何もいない。

別の場所で待っていた人に聞いたら、昨日♀が巣に入っていたけど、今日はいない。今年も営巣放棄でしょうか(昨年も・・・来なくなってしまうとまずい)。

結局その日は4時間まって1度のチャンス。声は何度も聞いたんだけど。

三光鳥
三光鳥

三光鳥
三光鳥、片隅にこんなのが残っていたけど、ピンが合ってないです。
三光鳥
三光鳥

 

そこには、オオルリも1度だけやって来た(何故か今年初)。

オオルリ
オオルリ
オオルリ
オオルリ

least tern

Avocetを撮影した後に、可也の距離を走って、この鳥の撮影に行ってきました。

行ったのが2時だったんで、日照ガンガン。色がわからない!なんで識別が難しい。飛びものを見てもさっぱり分からんし。あとで画像みてもやはりいなかった。

今日は出てこないかなと思って1時間半。すると、手すりに3回ほど止まったアジサシがいた。でもね、昨年撮影した印象が強く初列の黒が広くない(昨年は3枚目まで黒かった)。

足は、短足で色が黄色。でも初列が・・・ということで撮影した日は違うのかと思っていたのですが。最大の識別ポイントの腰から尾が灰色か分からんかった

写真は良くないが、飛び出しをたまたま知り合いが撮影していて、腰から尾が灰色なのが判明した。なので、3回泊まった内少なくとも初回のはアメリカンなやつできまり(1枚目)。2枚目以降も自分で写したやつは尾が白っぽいけで灰色が確認できる気がする。

アメリカコジサシ