Kamchatka Leaf Warbler

土曜日のMF。もう、渡りも終わりと思っていたら、Kご夫妻から、少し前にオオムシクイがいたよ。2羽いたというので、その近くに行ってみたが、別の方が声だけキャッチ。でも見つからず。

仕方ないので、海岸へ。コアジサシの様子と見にいってきた。でも特に、撮影したいシーンには出会えず。もう一度オオムシクイを探そうと、戻ってみたら、今度は今撮影してその辺りで鳴いていかもと言われた途端、鳴き声が。

今度は直ぐに見つかったが、木の高い場所ばかりにいるので暗い、速い、枝が被るの三重苦。でも、そこはEVF。ファインダーは明るく見える。ということで何とかゲット。以前の装備だったらもっと厳しかったと思う。

Kamchatka Leaf Warbler:オオムシクイ

英名のとおりカムチャッカ半島が繁殖地のようだ。

 

コサギ

ここ1ケ月は、葛西臨海公園に行っているのですが、春の渡りと言っても中々良い被写体には恵まれません。

クロツラの今季最後を見ようと思って渚にいったけどこれは全く駄目、コサギ、ダイサギがいっぱい来ていました。

私は、コサギの婚姻色と婚姻羽というか飾り羽がわっと開いた綺麗なシーンでみたことないのです。今回も今一歩でした。

コサギ(Little Egret. )

帰りがけに、擬岸の寄ってきました。まあ、普通種しかいませんでした。

アオアシシギ(Common Greenshank)

アシシギ( Grey-tailed Tattler)

イソシギ(Common Sandpiper )

葛西臨海公園だより4.22

19日の葛西、何も見つからず、最後に上の池に寄ったら

ゴイサギ(Black-crowned Night Heron)が飛んできたのでパチリ

翌日も色付きは現れず。ただ、今季初のセンダイムシクイ(Eastern Crowned Warbler.)が見られた。

頭央線が確認できなかったが、鳴き声は間違いがなかった。

帰りがけにコゲラ(Japanese Pygmy Woodpecker)を撮影、最近数度撮影していたが載せてなかったので今回掲載します。

普通種ですが、英名のとおり日本固有種です。

昨日も何も撮影出来なかったのと同じですが、朝到着時に、ズート滞在しているビンズイ(Olive-backed Pipit)

が枝止まりしていたので撮影してきました。

最後に超証拠写真しか撮影できませんでしたがサンショウクイ(ashy minivet)がいました。何ともならないような写真です。

キビタキ他

土曜日の葛西でクロツラヘラサギ撮影したのですが、月曜に再度撮影。土曜日でもかなり良かったですが、月曜は更に良かったです。

チュウシャクシギ&オバシギ

クロツラが出てこないので、遠かったし牡蠣の殻でどうしょうもないけど撮影してみました。

一昨日は、超若のキビタキが出てきました。まあ、頭はクロくないし、胸も黄色の部分が少ない。とてもじゃないけど撮影に値しないけど、他に撮影するものもないし、記録なので撮影してきました。

キビタキ