ハマヒバリ

ハマヒバリ英名 Shore Lark 

なんか遠くにに珍鳥がいるというので3ケ月前に行ってきました。ユーラシア大陸、アメリカ大陸と生息域は広い鳥のようですが、日本ではまれに迷鳥としてやってくるようで、この冬も北海道とかBlogに載っていました。

撮影地まで300kmあったので久しぶりの長距離運転に。でもこの距離を日帰りはあまりやったことないな!

普通のヒバリがいるような場所にいましたが、やはり、草被りしているとわかりにくです。

一度見てしまえばわかりますが。顔の黒と黄色が印象的なんです。でも、地面から水蒸気がでていたのかシャキッとした写真にはなりませんでした。

GWの稲敷

GW初日、特に行く場所もなかったけど、知り合いからどこか行くかと?でも、どこも
混んでいて渋滞でしょ。ということで、関東自動車道方面の稲敷に。
昨年から牛舎前は蓮田ではなく草むらになっていた。その付近ではキジしかいなかった。(掲載のキジは浮島の近くなので別の個体)
その近辺を探すも、本新は全くのだめ、橋を渡って浮島から西中学辺りの田んぼを流すと
ムナグロとキョウジョシギだけは沢山いた。
普通種なので撮影しても何の面白みもないので車のブラインド効果を使って近寄ってくるのを
待って撮影したがそれほど近いとはいえなかった。
 
西の洲は何もいないと言われたが、アチコチ探すとトウネンだけは20羽くらいいた。なんか混じってないかとさがしても、ピュアなトウネンだけであった。
他には、チュウシャクシギ3羽、タシギ1羽。なんと寂しい稲敷。これじゃ鳥屋も集まらんな。
 

お堀のカモメ

お堀には今季3回通ったのですが、1度目は、カナダカモメくらいだけ。2回目は全く駄目。

今回はアイスランドカモメが撮影出来たのでアップしてみました。

もう春分の日を控えて今季はこれが最後かなと思って行きました。でもね、カモメって本当に苦手なんですよね。カモメは大型カモメ、中型カモメ、小型カモメの3種くらいにして欲しい。知り合いが行くというので、それならということでした。

シロカモメ

1Wくらいとのこと。

オオセグロカモメ

セグロカモメは多いんですがね。オオがつくのは意外といないんです。

アイスランドカモメ

2Wとのことで。大きさ的には中型カモメの分類に入るかな。セグロカモメよりはかなり小さいです。昨年から来ているし、今回撮影出来なかったけど成鳥もいるので来年は、もっと確り撮影できるかな?

間違って撮影したただカモメ↓

こちらアイスランド↓ 初列風切の色が薄い? ほんとよくわからん。

カナダカモメ

セグロカモメよりやや小ぶりですが、よく分からん。頭の班が濃いですかね。

羽広げたら、裏が真っ白で私でもそれとなくわかる。

私と同じく短足なんでえすが、お堀ではこれは止まっていないので分からんのです。

 

 

渡良瀬に

コミミズク(Short-eard Owl )が出ているというので行ってきました。

朝から出かけましたが、そんな時間から出るはずもなく、そこら辺りを散策していました。

まあ、こんな普通種からですね。

シメ(Hawfinch)

その近くにでは、アトリが30-50羽の群れが。バーダーになってから最高の当たり年でしょうね。

アトリ(Brambling)

その後、少し歩いて鳥探しをしたんですが、何か見たことない鳥が。メジロほどの大大きさだけど眉斑がある、腹白いし、動きがムシクイ的。なんだコレということで追っかけてみました。

チフチャフ(Chiffchaff )

関西で出張がてらに行ったけど外した鳥でした。地味なやつです。

その後、メインディッシュのコミミズク(Short-eared Owl)へ。行ってびっくり150人くらいのカメラマンが。2時半くらいに行ったけどやはり出てきたのは3時半過ぎ。

コミミズク(Short-eared Owl)

富士山バックに

オマケで

ハイイロチュウヒ♀(Hen Harrier)

 

エプロンおじさん(オジロビタキ)

都内の公園にニシオジロビタキ(Red-breasted Flycatcher)の♂がでているとのことで行ってきました。特に面白くもなかったので2時間ほどで切り上げました。

 

 

 

関東では珍しいニシオジロビタキの♂タイプということで、昨年関西で行こうと思ったけどいかなかったので、♂タイプは初でした。

まあ、エプロンタイプでいってもそれほど綺麗ではないのですが。