メジロガモ&クビワキンクロ♀

横浜に、このカモ達が出ていたのは知っていたし、一度は月の場所にまで足を運んだのですが、その時はいませんでした。

特に、メジロガモは何か縁がなく、今季も葛西臨海公園に来た日もあったのですが、これが私の休みと合わず。3年前に佐賀に行った時も出会えずとかで

インドに行っていた時の帰りのホテルでここにいることを知ったので、帰国後2日目に行ってきたら、撮影できました。

ただ、そこでインフルを貰ったのか、帰国時の機内か成田でもらったのを、ここで広めてきたのか不明ですが、熱がでたので翌日医者に行ったらインフルでした。

やはり、インドで疲れて体力が落ちていたのでしょうね。

まあ、被写体は至近距離で撮影できたのでOKとします。ツーショットのチャンスもあったけど、レンズが長すぎでした。テレコン外すの面倒だったので撮影出来ずでした。

メジロガモ

クビワキンクロ♀

 

ハイイロチュウヒ

珍鳥が出たというので、午後から急行したんですが間に合わず。知り合いが1時間半前までに見ていいたので間違いはなかったのですが。

自然相手なんでこればかりは仕方ないですね。

それでも1時間半ほどその辺りを探しました。その時に、この鳥が飛んできました。慌ててカメラを取り出し20枚ほど撮影したですが、ピンとが合いません。背景が暗い場面でやっと少しピントがあいました。

それでも、こんなものです。

 

コミミ

今年の初撮影は、稲敷にコミミとハイチュウを撮影にいきました。

ハイチュウの出はよくなく遠くを2-3度飛んで行っただけでした。しかも、写真を観るとモヤモヤ。陽炎が悪さを

4枚ともOlympusで撮影したもの。上2枚はノートリ。やはり、正面に向かって来たのはピンとが甘いです。私の腕が悪いのでしょうが

サンヨンに1.4テレコンを入れて、35mm換算で840mmを手持ち撮影です。鳥撮影の革命なるかもですね。

こちらは、トリミングありです

ハマヒバリ

ハマヒバリ英名 Shore Lark 

なんか遠くにに珍鳥がいるというので3ケ月前に行ってきました。ユーラシア大陸、アメリカ大陸と生息域は広い鳥のようですが、日本ではまれに迷鳥としてやってくるようで、この冬も北海道とかBlogに載っていました。

撮影地まで300kmあったので久しぶりの長距離運転に。でもこの距離を日帰りはあまりやったことないな!

普通のヒバリがいるような場所にいましたが、やはり、草被りしているとわかりにくです。

一度見てしまえばわかりますが。顔の黒と黄色が印象的なんです。でも、地面から水蒸気がでていたのかシャキッとした写真にはなりませんでした。