Chilternの2日目午後

前日ホウセキドリを撮影した場所については、アップしましたが、その後が続かないので、また、Red-headed Robinのポイントに行きました。
でも、それ以外の鳥が出て来ないので、その山を少し探索することにしました。
Babbler Trackというのがあったので、車で流していると

White-browed Babbler:マミジロオーストラリアマルハシ

また、同じTrackで

Common Bronzewings ;ニジハバト

これは、車の中から撮影したものなんで、少しピントが甘いのかな。

これ以上ここにいるよりも、宿近くの普通の町中にある公園の方がインコなんかいるんではないかと思いウォドンガの町に戻りました。

 

 

Chilternのお昼

Chilternの2日目朝の探鳥もほぼ終了でHoneyeater picnic Areaに行ってみようとしたんですが、途中の牧場と森林の堺の付近で

Eastern Rosella;ナナクサインコ のYellow バージョンがいました。


光が酷い逆光でもうホント良い撮影ができませんでした。

そうこうしている内にお昼になってしまい、Chilternの町に昼食の買い出しに行って、またHoneyeater picnic Areaに戻り昼食。

その後昨日宝石鳥を撮影したポイントもう一度いきました。昨日から♀はいたのは腹打ちだったけど撮影したんですが、同定できませんでした。でも、その日は♂が出てきて、営巣していることまで発見。

Leaden Flycatcher;ナマリイロヒラハシ
でした♂と♀を



その近くには、
Mistletoebird;ヤドリギハナドリ

オーストラリアのハナドリはこれ1種

Ciltern2日目午前の続き

 

Chilternの2日目朝の続きです。

Red-capped Robinの近くでは、小鳥が多くいました。何か来たなと思ってファインダーを覗くと、黄色の箇所があり、お~これは宝石鳥ではないの!で撮影できたのは、昨日とは別種のStriated Pardalote;キボシホウセキドリ

そのそばでは、キバシリも(既に紹介したのとは別種です。

White-throated Treecreeper;ノドジロキノボリ

でそこに、何か不自然なオーストリアムシクイがでてきました。何か地味なのでメスかな?でも顔がに青い部分があるけど。こんなの図鑑に載ってないけど。

Superb Fairy-wren;ルリオーストラリアムシクイの幼鳥なんでしょうね。

地面に出てきた鳥なんでツグミのような鳥かとおもったのですが、

Rufous Whistler;アカハラモズヒタキの♀でした。

近くにはHoneyeaterが出てきましたが。これも♀と幼鳥のようでよく分かりませんでしたが

whitethroated honeyeater ;ノドジロハチマキミツスイ

Blackchinned Honeyeaterノドグロハチマキミツスイも出てきましたが良い写真が全く撮影出来ませんでした。

ここでChiltern 午前の部は終了とします。

Chiltern 2日目朝

Chilternの2日目は前日にチェックした町の北側のポントにいきました。元はパドック?でワイナリーの跡とか?よくわかりませんが、私有地の為か鉄線だ囲まれて場所でした。囲まれてはいても確りした入り口もついていました。そこでは、地元のバーダーが来ていたのでRegent Honeyeaterを見ているか聞きました。でも見ていないような?
結局その場所はおもにRufous Wistler;アカハラモズヒタキと普通種のHoneyeater、などがいただけした(写真はそこで撮影したものとは限りません)。


ずっとそこにいても成果が上がらないと考えてその近くの森のTrackに入っていくことにしました。チョット坂を登っていくと、2種のモリツバメがいる木があったので、勇んで撮影。White-browed Woodswallow;マミジロモリツバメ    は沢山、群れでいました。


Masked Woodswallow:ホオグロモリツバメは1羽しかいませんでした。

そこに今回一番小型と思われるインコも飛んできました。モリツバメが群れていた木の実を食べに来たようでした。
小さなインコ、その名もlittle lorikeet :ヒメジャコウインコ

そこから、Trackを登って暫くいくと、小鳥の集まる場所にでました。
Red-Capped Robin:アカビタイサンショクヒタキ

が2番凄く近くで営巣していました。



あまりにも近くで営巣していたんで、♂同士が喧嘩をしていました。

今回はここまででとします。

Chilternの町,池・農場などで見た鳥達

前回で、Chilternの森の午前の部を終了して、町に昼食を物色しに行きました。 10分も掛らず町に出ますが、こんな田舎町で何かウェスタンに出て来そうな町で、スーパーとカフェが有りました。


カフェでサンドイッチをテイクアウトして、ピクニックエリアで食べていたら、少し雨が。
寒いので活性が悪いのかと考えて、町の沼と湿地を巡って探鳥ということにしました。

ここには2-3箇所の池があり、最初の池のちかくでは、
Yellow-billed Spoonbill ;キバシヘラサギ

が、いけではノンビリとペリカン(Australian Pelican)が泳いでました。

小鳥はいないな~と思っていたら、
Red-rumped Parrot;ビセイインコ

これは別の池でした。Black Swanもまったり泳いでいました。

水鳥は他に2-3種で、それくらいかと思っていましたが、農場の所々に水場があるようで
White-necked Heron;シロガシラサギ


やStraw-necked Ibisがその辺りを車で流しているといました。
また、Brown Falcon;チャイロハヤブサが止まっていました。

Chilternの町に北側も森林で(ピクニックエリアと反対側)にも小鳥のポイントがあるのですがその日は、ポイント確認程度でした。

当日は曇りでしたので、暗くなるのが早いし、気温が低かったので鳥の活性も悪いので切り上げて高速道路を使わないで鳥を探しながら宿に帰ることにしました。

Galah,Little Corellaが多数飛んできました。いる所には群れでいるのが特徴かな。紹介はしませんが。

また別のタイプのBrown FalconがLittle Corellaの群れに突っ込んでいき、狩りは失敗でしたが(大きさ的に無理かな)、近くの木に止まりました。

特別な鳥は出て来ませんでしたが、最後にLittle Friarbird;ヒメハゲミツスイを撮影してこの日は終了しました。

まあ、宿にチェックインもしてなかったので、あまり遅く着くのもというのもありました。