Oriental Pied Hornbill

昼食後、もう一度、サイチョウのポイントに行くとこのサイチョウが飛んできました。

まあ、東南アジアでも最も出会える確率の高いサイチョウです。

Oriental Pied Hornbill (キタカササギサイチョウ)

翌日の朝、ビジターセンターでの撮影です。

カオヤイのビジターセンター

Red-headed Trogon (ズアカキヌバネドリ)の撮影を終了して昼食。

2日目と3日目の昼食は、こんなカオヤイのビジターセンターで食べました。

屋台のような店で、適当に選んで、空いている席で食べます。フードコートのような?

ビジターセンターの裏には川が流れていて、アジアコビトウとアカガシラサギがいました。

また、こんな白い猿も群れでいました。

そこには、コーヒーショップもあって、休んでいたらこんな鳥が飛んできましたblack winged cuckooshrike(アサクラサンショウクイ)

他にはBlue Rock Thrush (イソヒヨドリ)も出てきました。日本のとは少し違うので後日♀とともに紹介予定。

Plain Laughingthrush

最終日になって漸く撮影できたのがこの鳥。ガビチョウなんで、まあ易しくはないのですが、それにしてもなんで出てこないの?

ガイドは、普通に撮影できる鳥なんだけど時期かな?と言っていたら、最終日のミミキジのポイントではスッピンででてきました。

それにしても英名通りじみですね。

Plain Laughingthrush(キタガビチョウ)

これで、太原の鳥の紹介は終了です。他に出てきたのは、日本でも普通種ばかりでした。ほんとミミキジ以外は目ぼしい鳥がいない場所でした。