キジのポイントで惨敗だけど

次にキジのポイントでブラインドを張って撮影しました。そこには既に2張のブラインドがあった。なので、もしその日の午後にキジを見るならその時間から我々もブラインドを張って入らないといけない。結局3時前からブラインドを張ったけど結局出てきませんでした。
でも、ブラインド効果でいろんな小鳥がでてきました。
Rusty-cheeked Scimitar-Babbler
和名;ホオアカマルハシ マルハシなので少し大型の鳥なんです。ブラインド効果で結構近くの寄ってきました。
 
Gray Bushchat
和名;ヤマザキヒタキ。前回何度もみたと書いたけどここでも何度も登場しました。

 
Chestnut-bellied Rock-Thrush
和名;カオグロイソヒヨドリ。山の中でもイソヒヨドリってこれいかに。なんちゃって。でも英名みるとRock-Thrush。日本じゃ磯にいるけど、別にそんなわけじゃないんです。
 この鳥の♀って地味いい鳥でしょうか。マミジロの♀に似ている?
 
 
Tickell’s Leaf Warbler
 

 和名;キバラムシクイ。これが、惜しいことにいい写真が撮影できなかった。

 

Slatybacked Flycatcherll’s ♀
 

 和名;セアオビタキ。この系統のヒタキの♀は区別が難しい。

 
Rufous-gorgeted Flycatcher 
 
和名;ノドグロヒタキ 逆光でノドグロというのはわかるのですが、英名のRufousの色が出ていない不完全な写真で、駄目なんですね。
 
 
Gray-backed Shrike
 
和名;チベットモズ
 
これは、なんで前回Doi Inthanon で見たモスです。前回の方が背景が良かったですね。
 
キジは惨敗だったけど、小鳥はブラインド効果もあってかマズマズだったのではないでしょうか。
ということで、キジは翌朝に持ち越しでした。

Ultramarine Flycatcherのポイントで

昼過ぎに起点となる町に到着して、昼飯を(麺にしました)。その後、ホテルにチャックインして、キジポイントに行きました。

ホテルはTangerine Ville Hotel だと思います。

Booking.comのページ(少し写真が古いかも)

その場所

 

キジポイントはそこから1時間ほどでしたが山道を上りミャンマーの国境はすぐ先でした。

最初はまだ時間も早いので、キジポイントの手前で撮影でした。

Ultramarine Flycatcher

和名;マユヒタキ。これ撮影したかったヒタキなんですね。その青い色が見事なんです。

その近くには

Gray Bushchat

和名;ヤマザキヒタキ。

なんで前回Doi Inthanon で見れなかったのか?今回、何度も見ましたがその最初がこの時だったのです。日本の珍鳥を海外でみるのは良いことだと思います。徳した気持ちになることもあるのですが本当の生息地がどんな場所なのかを知ることができるので。

他には、ロクショウヒタキが遠くに、ムシクイもいたのですが何か上手く撮影できませんでした。

 

Crested Treeswift

Crested Treeswift(インドカンムリアマツバメ)

チェンマイからDoi  Lang までは3.5時間かかる。遠いな~。でもその途中でCrested Treeswiftが撮影できる場所がある。撮影するかとガイドが聞くので、勿論撮影すると言った。

ただ、ガイドは電線止まりだよと言っていた。確かに、酷い電線止まり。いくら上手く撮影しても電線が必ずかかる。しかも、トリミングしても、一部が電線に!

という訳でこんな写真しが撮影できず。

よく見ると、雄雌ともに営巣している。ほんと小さな巣です。よく、落ちないものだと感心してしまいます。

Mrs. Hume’s pheasant

2/4深夜0:20羽田発、現地9:10チェンマイ着、2/7 夜8:50発、羽田8日午前6:50着という強行スケジュールでタイ北部に行ってきました。
行き、帰りとも夜間飛行はつらい。
 
今回のメインターゲットはMrs. Hume’s pheasant(ビルマカラヤマドリ)。初日午後にも挑戦したけど失敗しました。
翌日に早朝一番乗りを目指して行きました。早く行かないとブラインドを張れなくなってしまうんです。昨年から有名なポイントになってますので(とても臆病なんでブラインド撮影は必須なんです)。
ヤマドリは日本のも含めて5-6種くらいだったような。調べて書けば良いのですが面倒なんで。ヤマドリは尾が素敵ですね。この鳥もそうでした。ヤマドリとしては、小型のような印象でした。
♀から紹介です。

♂も日差しの加減が難しい状況でした。

6時半過ぎに籠もって7時40分くらいに出現、それから1時間ほど出たり入ったり。気温は5度前後だったのでしょうか。寒くて、年なので最後の方はトイレに行きたくて死にそうでした(爆

最近、撮影していないので

最近、撮影に行っていない。今週末も、どうかな?ということで過去の写真からです。
といって、良い写真は公開済なのでイマイチ写真です
Purple Heron(ムラサキサギ)

少し遠すぎでした、ここには数羽いました。日本なら珍ですが。首が縦縞のせいか細くみえるんですね。

撮影場所はリノー湖 (Linow Lake)、火山の影響で湖の色が五色沼風なんですね。

 

遂に最終日

ハルマヘラ・スラウェシ島での探鳥も最終日となった。

私とK君はこの日で最終日、他の二人はサンヘギ・タラウドへまだ10間の探鳥ということでこの日は早朝から別れることになり、私達は前日と同じくマハウ山へ。

ただ、GuideのTheoではなくその弟子がやってきた。曰く「貧乏なので双眼鏡ないけど大丈夫」というので、なんかな~と思い、ついつい「じゃ、これプレゼントするよ」と言ってしまい、Kowaの双眼鏡を渡してしまった。まあ、ストラップが悪くなっていたので買い換えようと思っていたし、確か8千円程度のものだったのでよいのですが。Baliのベストに続いて2回目(汗

Sultan’s Cuckoo-Dove(オナガバト?)

既に紹介済だけど、Splitされているようで和名は?

これも紹介済だけど少し綺麗に撮影できたので

island verditer flycatcher

これも和名わからんな~

sulphur vented  whistler(セレベスヤマモズモドキ)

これ少し森に入っての撮影でした。

Yellow-sided Flowerpecker(セレベスハナドリ)

Citrine Canary-flycatcher(カナリアヒタキ)

grey-headed canaryflycatcher は撮影したことあるけど、別種

Superb Fruit Dove(クロオビヒメアオバト)

この鳩はSuperb=素晴らしいなんで、綺麗でしたが、ちょっと暗かったのが残念です。

他には、後に、Mountain White-eyeとRusty-breasted Cuckooが出てきたが、これはパス

これで、早朝の撮影を終了し小さな池に行こうということで。そこには

Sunda Teal(インドネシアコガモ)

ここには他にWandering Whistling Duck、Javan Pond Heron、Purple Heronなどがいました。また、池の周りには、撮り漏らしたGrey-sided Flowerpeckerがいたんですが、顔が写っていない(泣)

まあ、ここは池の側にCafeがあってコーヒーを飲みながらユックリしました。風光明媚な場所でした。

その後Javan Pond Heron(ジャワアカガシラサギ)をK君が近くで撮影したいというので田園地帯に。

しかし、見つからない。普通種だと思うのですが。まあ、私にはこれも撮り漏らした

White-browed Crake(マミジロクイナ)

を撮影できたので良かったのですが。

けどこの時ズームを100mmに合わせていて失敗した。

他にはCinnamon Bitternが(これは草被り)くらい。

昼食も食べないとということでManadoへ。

以前Feather collecter さんがManado近くににJavan Sparrow(ブンチョウ)がいるという情報を貰っていたので、これを探しに行きました。Manado市と空港間は意外に距離があって時間がかかり、ガイドが感でブンチョウがいそうな空港近くの草むらに付近についたのが4時前後で、少しその辺りを探索しやっとみつけました。

Javan Sparrow(ブンチョウ)

やっと見つけたブンチョウなんですが、ブンチョウの本来の生息地はJava,Baliということでスラウェシは移入種とのことです。まあ、図鑑には掲載されているのですが

ブンチョウの撮影を終えると4時半過ぎ、フライトは6時20分ということで空港に直行しました。

ジャカルタとは時差2時間あるので、ジャカルタ到着が8時40分?、ホテルに着いて夕食、就寝10時過ぎ。翌朝3時に起きて朝食、4時のシャトルバスで空港に6時15分発の成田行きに(最後はバタバタ)。睡眠不足だったけど、飛行機内で寝れば良い!

だけど、私は飛行機では眠れない性分なんですね。でクタクタになって帰宅。これで今回の9/10-9/22のハルマヘラ・スラウェシの探鳥は終了です。

Tomohon2日目夕方の探鳥

Tomohonの二日目は、昼から結構な雨が降って来て一向に止む気配がない。ガイドは午後3時に出発と言っていたけど、出てこない。こりゃ行く気ないのかなでも、少し雨が止む気配になってきたのでガイドに確認して出発。

探鳥地についたころには雨は上がってきました。

雨が上がったので羽を乾かすために出てきたのでしょうか?潜行性の高いと思われるこんなやつが

Yellow-billed Malkoha(セレベスバンケンモドキ)

撮影したかった鳥なのにチャンスがなかったので良かったです。

その後、雨も確りあがって青空もでてきました。

次の鳥も前日でてこなくて出てこいと言っていたら出てきました

Crimson-crowned Flowerpecker (ズアカハナドリ)

前日暗くってイマイチだったこの鳥も少し綺麗に

Sulawesi Myzomela(セベスクレナイミツスイ)

他には、Mountain White-eyeや撮影出来なかったけどBlack-billed Koelなどがでてきました。

じつは、午後はK君と2人でした。他の2人のメンバーは明日からタラウド・サンヘギ?などに10日間の探鳥が残っているので、雨が残っているのなら休憩を取っていました。それでも、Night birdingでBoobokを狙うなら車の寄越してということで4人でまたBooBookを狙ったのですが・・・・(泣)