道東最終日

道東の最終日も早起きして鳥見へ。行き先昨日同様に牧ノ内ダム近くに。でも当日は、霧が深くて(T_T)。そこで最初に鳴き声を聞いたのがエゾムシクイ。でもなかなか出てこない。場所を変えても、鳥の出は悪いし、霧が深いので撮影が難しい、どうせならと、エゾムシクイ(Sakhalin Leaf Warbler)再度狙ってみました。何とか奇跡的に撮影できました。でも枝被りで2/3くらいしか写っていません。でも、本当に撮影出来ただけで奇跡かも。

そこにいた、アオジ(Black-faced bunting)。

あとは、ベニマシコ(Long-tailed Rosefinch)くらいでしたが、これも一瞬でしかも、あちら向きで顔がよく写っていません。

民宿に戻って朝食に。その後、宿の主人のガイドで探鳥。本当は、エゾライチョウ狙いでガイドを依頼したのですが、クマがでているので、そのポイントは立ち入り禁止となっているとのこと。で予定変更。途中で、今まで撮影出来なかったオオジシギ(Japanese Snipe)を撮影。でも電柱止まり。

更に、これも見られるというので急遽撮影。ショウドウツバメ(Brown-throated Sand Martin)。これまた証拠写真程度。

最終目的は、シロエリオオハム :Pacific Loonr でしたがこれも遠かったです。数は10羽くらいいたようですが、亜成鳥がほとんどでしたし、日照もイマイチ、遠かったので夏羽のいい色が出ていません。

そこにいたラッコ(Sea otter)も撮影しました。

帰りがけに、カッコウ(Common Cuckoo )。目線角度でしたが、チョット枝かぶり。

これで今回の道東シリーズは終わりです。また、行きたいと思います。

根室市近郊での鳥見(3日目午後)

落石のネイチャークルーズのあと風蓮湖に面した道の駅で昼食。その後、チョット走ったら、タンチョウ(Japanese Crane)が別のレストランの前に。コーヒーを飲むことにして、撮影させていただきました。ただ、日差しが強く、真上からの日照。これでは、しっとりとした写真なんて無理ですね。

今回の反省点としては、日照もあったのですが、F値を上げて被写界深度を深くして撮影した方が良かったかもです。

その後、落石港とか市民の森辺りに行ってみたけど、これが外れでした。3時過ぎになってきたので、小鳥のでもいいかなということで、枚の内ダム近くの未舗装道路に行ったのですが、これがイマイチ。何故か、行った日からオオジシギがで出なくなったとか(T_T)。

ノビタキなどもいたのですが、ここは花がないので、前に撮影した写真以上のは期待できないと、殆ど撮影しませんでした。

結局撮影したのは、ベニマシコ(Long-tailed Rose Finch)ですが。空抜けばかりでした。

もう1種は、カッコウ(Common Cuckoo )。でも電線止まりで

落石ネイチャークルーズ

ギンザンマシコから、落石のネイチャークルーズに直行。知床峠6時少し前に出発し8時半くらいに到着。

ガイドは、新谷さんでした。当日は、ベタ凪、超快晴という根室半島ではめったにない条件。タダ快晴だと鳥の出がわるいようです。

今年は、ウトウ(Rhinoceros Auklet)が港にまで入っていました。それも、沢山。まあ、あまり近くでは撮影出来なかったけど、まあこれでもいいでしょう。

途中でウミガラス(Common Murre )に出会いました。これも近かった。

途中で、ケイマフリ(Spectacled Guillemot )の飛び立ちシーンに出会いました。

既に紹介済ですが1枚だけエトピリカ(Tufted Puffin )を。鳥の種類は少なかったけど、良い撮影は出来たようです。

 

 

シマフクロウ:Blakiston’s Fish-Owl

シマフクロウの宿に泊って撮影してきました。最初は2羽一度にでてきました。その後が続きません。ようやく出てきたのが11時半くらいでした。よく分かりませんが、その日は出が悪かったようです。

さて、その宿の照明なんですが、LEDの瞬間照明、マニュアルで1/80撮影してとのこと。そうすると、1/800秒の写真になるとか。

ISOは高くなるのですが、1/80秒が一番歩留まりがいいようです。f4.0だとISO6400、くらいなので、私はそんなレンズ持っていませんが328がこの撮影地では最強かも。

それにしても、迫力ありますねこのフクロウ

1/800秒相当なので、飛びものも上手く行けば可能です。ただ、照明の範囲が狭いので難しいですが。

知床峠の鳥(2日目夕、3日目早朝)

ワッカからロングドライブで知床峠に。狙いはギンザンマシコ(Pine Grosbeak )。ところが、今日あたりから午後は出が悪くなったとか。午後3時から5時過ぎまでで♀が1回のみの出現でした。

しかたないので、翌日の早朝に4時半過ぎから6時少し前まで(ネイチャークルーズに間に合うようにするためには6時までが限界)。ところが、行ってみたら凄い霧の中。一瞬の霧が晴れた中、♂と♀が数秒ずつ。

ワッカ原生花園(2日目)

シブノツナイ湖の撮影を終えて、ホテルに戻り朝食を。その後、ワッカ原生花園に直行でしたが、9時半過ぎの到着で、鳥の撮影にはやはり遅い時間でした。 花園に着く前に、オジロワシが堤防に止まっていました。そっと近づいて行ったのですが、あと少しのところで逃げられました。ワッカは広く、花も沢山咲いていたのですが、鳥の出がイマイチ。それに、日光がピカピカで、良い撮影はできませんでした。 やはり、ここも朝早くが良いのかな?

シブツナイ湖(2日目朝)

2日目の朝も、シブツナイ湖に行きました。狙いは、マキノセンニュウ(Lanceolated Warbler)。初日には、声も聞こえなかったけど、朝7時までしか啼かないというので、探しに行きました。これが正解、番で出てきて、無茶愛想よく撮影させてくれました。

この他には、昨日同様に、ノビタキ、ツメナガセキレイ、オオジュリンがいましたが、ベニマシコがチョット出てきてくれました。もう少しいい個体だったら良かったけど。

あまりピンバッチリではないけど、オジロワシも撮影出来ました。