Eurasian Nuthatch;ゴジュウカラ

大雪山での撮影。巣立ちから子育て段階でしたので、幼鳥もいたのですが撮り逃がしました。

日本のと同種ということになってますが、日本のよりもオレンジがかっていますので、まあ、亜種なんでしょうかね。

取り敢えずこれで今回の台灣編を終了とします。

white-eared sibia;ミミジロチメドリ

翌日は、大雪山に行きましたが、大雨でしたので、まともな撮影はできませんでした。

大雪山の登り口を過ぎ、蛇行した山道で、駐車場があるスペースで、雨が小ぶりになってきた時を狙って。でも本当は別の鳥をさがしていたのです。でも、私は、前回の鳥見で撮り逃したた鳥なんですこし徳した気分。

babblerではなく、sibia 声がいいのかな?babber とsibiaの違いは?

また調べようと思いますが、今回は写真だけ

Black-naped monarch;クロエリヒタキ

ここから午後の部といってもこれにて終了。前に投稿したズグロミゾゴイとこの鳥くらいで他にはたいして撮影していないのです。場所はなんかよくわからないけど龍過脈とかいう公園、遊歩道?。寺の裏に位置していました。

一応全く撮影出来ませんでしたが行った際には、ヤイロチョウがいたのは確認しました。今年は、撮影しやすい場所となるかはかなり疑問でした。

その公園で、撮影できたのが、このクロエリヒタキ。営巣もしていたし、雄と雌が戯れて?いました(もっと良い舞台でこれをやってほしかった)。

Collared Finchbill;カヤノボリ

ムナフマルハシの撮影のあと、車に戻る途中で撮影しました。

これも川沿いにいました。前回は曇り空で、空抜けに近い状態でしたので、まあ、雨だったので羽の状態がよくありませんが、これは仕方ないですね。

英名はBulbulではありませんが、ヒヨドリの1種です。固有種ではないですが、一応固有亜種との表示のようです。