Nimbokrangの探鳥後編

今回がWest Papua探鳥記の最後となります。

最終日の前日は、早朝からTwelve-wired bird of paradiseから。よく分からない場所と思ったら民家の庭。そこの裏山(丘程度?)の方に。行くと既に鳥が出ていました。昨日より鳥までの距離は近いけど、やはり同じような枯れ木の天辺に、空抜け、時間が早いので空はまだ青くない。どうして、いつもこうなのか?

その後行ったのがLesser bird of paradise の踊り場。これまた、難しい状況。居た場所が悪く、全く抜けない。全て枝被りの状態で踊っている。ということで、私は全く撮影出来ずでした。その時に出て来たのが、Yellow-billed Kingfisher。狙った鳥だったので嬉しかったのですがLesserは駄目でした。

その後、Nimbokrangで再会したAさんと私だけがLesser  Bop を居残って撮影ということにしたのですが、時間も遅くなってしまったので出てきたのはホンノ僅かの間で撮影する間もなく何処かに行ってしまいました。

結局なにも撮影できず。丘を登って他のメンバーと合流して、午前の探鳥は終了。

私は宿に帰って、休んでいましたが、Aさん(カワセミ写真のプロ)が、Tさんとfpbirdさんを連れて宿の裏の池?にAzure Kingfisher撮影に。「簡単に撮影できた」と言って帰ってきたので、私も行って見たのですが、竹やぶに隠れて何時まで経っても出てきませんでした。

午後からの探鳥は、私とHiroさんが、king BoP のリベンジに(ガイドと一緒)。他のメンバーが現地ガイドおよびAさんと一緒にshovel billed kingfisherを狙いに行きました。他のメンバーは、 Hook-billed Kingfisherが撮影できたようですが、厳しい状況だったようです。

やはり、結局私とHiroさんもリベンジならず。rufous-bellied kookaburra だけ撮影して帰ってきました。(Weigeo より遠かったけど抜けと光は良かった)

その夜は、まあナイトバーディングなしなのでユックリくつろいでいました。とは言っても初日で行かなかった、草原性の鳥を空港に帰りながら狙うというので、4時起きで出発でした。

夜の宿の庭。蚊は殆どいなかったので、こんな状態でも蚊は全く気になりませんでした。

最終日の探鳥は草原性(と言っても、熱帯の低地の草むらと言った方が良い)の鳥。そこで撮影出来たのはこんな鳥でした。本当の小鳥なので、殆どの鳥がも少し近かったら思うようなシーンが多かったです。

Mannikin3種を

Hooded Mannikin

Grand Mannikin

Chestnut-breasted Mannikin

オーストラリアで既に撮影しているcrimson finch

普通種ですが撮影したかったWhiteshouldered Fairy-wrenを2枚ほど

オーストラリアムシクイは可愛いですからね。

もう1種普通種Goldenheaded Cisticola(タイワンセッカ)名前と違い、生息域は広くタイワンはもちろんオーストラリアまでも

最後に日本的珍鳥を2種

Pied Bushchat(クロノビタキ)、電線止まりで逆光の駄目写真ですが。

Black Bittern(タカサゴクロサギ)

他には、ニワシドリの1種(地味)も撮影しました。

最後に、空港までの道中にあった湖の写真を。

 

 

Nimbokrangの探鳥前編

到着日の探鳥が不発であったのでどうかなと思ったが、雨が夜少し降ったので活性が上がることを期待した。

翌朝は、Jalan Korea(韓国通り) という場所での探鳥であった。最初のターゲットは、Tweleve-wired Bird of Paradise(ジュウニセンフウチョウ)。到着すると既にそこに止まっていた。しかし、枯れ木の頂上。完全空抜けで、いい写真になるはずはない。

ただ、その日はメスが飛んきたり、♂の横に別の鳥がいたりでまあ、少しだけ楽しめた。

その後、King Bird of Paradise(ヒヨクドリ)を狙うが、これがまた撮影が極めて難しい。真上を狙っての撮影に近い。また、葉と葉の間にいるのは分かるのだけど、ピンがあわない。その前に、その近くの木にはメスもいたようですが(写真を確認したら写っていた)、これまた何とも言えない枝の中、最悪の写真しか撮影出来ませんでした。

まず♀

ようやく撮影できた♂は、こんなダメ写真でした。

一瞬だけ、この鳥Jobi Manucode(コテリカラスフウチョウ)が、写真もこれ1枚しか写っていませんでした。時間の流れでは、King Bopの♀と♂間での撮影なんですが、全く記憶がない。

その後、少し場所を移動して探鳥。ジャングルの中に入っていきました。途中でRed-belleid Pittaの声が!でも、そんな簡単には出て来ないし、ヤイロチョウ、狙うには人数多すぎでした。

Yellow-faced Myna( キガオムクドリ)が(Weigeoで撮影した時よりもいい写真が撮影できたのでここでの紹介)

次には、こんな巣が!Ochre-collared Monarch (Frilled Monarch)(エリマキヒタキ)メスだけ巣を出た所を撮影出来ました。

しかし、その他はダメ。この場所は、遠いのか、宿には戻らずに、川の岸で昼食と昼寝。

その後、Jalan Korea の道沿いで探鳥。少しは鳥が出てはきたのですが、如何せん、撮影し難い場所ばかりでした。

まあ、こんな感じでした

Orange-bellied fruit Dove(ヒノマルヒメアオバト);超トリミング

Little Bronze Cuckooかな?遠かったし、色が茶色過ぎる気がする;超〃トリミング

Red-cheeked Parrot(アカガオインコ)、フォーカス甘いな~

Golden Monarch(キイロカササギビタキ)。こんな顔が見えない写真では

他にも分からんこんな鳥が

まだ他にも分からんのいます(光の具合とか、枝被りがひどく写真になっていないものばかりでした(泣)

その夜は、夕食後、ナイトバードウォッチングで、近くのジャングルに。

Waigeoで外したMarbled FrogmouthとPapuan Hawk-Owl

を撮影できたけど、後者は、目が写っていない。縦縞のpapuaのフクロウならこのフクロウしかいないので間違いないですが、どうしようもない写真でした。

今回は、Nimbokrangでの2日目の探鳥記録でした。

 

Nimbokrangまで

Sorongにフェリーで着きその日は、久しぶりにホテルでの宿となりました

Sorongのフェリー乗り場(降りた時撮影)

夜は、町に繰り出して食事と買い物。

ソロンの街のスーパー

屋台の魚料理(一人1匹、他に、イカと蟹も、)の海鮮料理。美味かった

ついでに、薬局で足の豆の薬を買ったけど言葉が通じなく、何か水虫の薬をくれたようで、付けたら飛び上がるほど痛かった。

翌日、SorongからJayapra空港に、

また、車2台で、NimbokrangのJamilの家へ。途中で、草原性の鳥を撮影予定だったけど、ドライバー間の意思疎通が悪く、探鳥はスキップされました。

ローカルガイドのJamilのホームステイに到着、4-5部屋の客室があったようです。

昼食後、少しだけ撮影に。Jamilの家の近くに、パプアガマグチヨタカが3羽止まっていました。

その日の午後の探鳥はKing bird of paradise(ヒヨクドリ)を狙いに行ったのですが、鳥の声がして、少しは踊り場の木にいたようですが、全員全く撮影出来ずの状態でした。しかも、最後雨も少し降ってきました。なので林道がスリッピーな状態になってしまったのでナイトバーディングは不可ということになりました。

なお部屋の写真はないですが、1部屋にシングルベッド2台。しかし、蚊帳がないし蚊帳を吊るフックなどもなかったので日本から持ってきた蚊帳を、糊付きフックを壁に貼って張りました。

お湯は出ないけど、シャワーもあり、電気も一度停電したけどWaigeoの宿よりは設備は良かったかな。なお、WaigeoもJamilの家も共にランドリーサービスが有って重宝しました(量に関係なく5ドル/1日?くらい)

今回は、鳥の写真が殆んど無いけどここまでです。

Waigeo島探鳥、後編

Waigeo島には22日のフェリーに乗るまでなので20日にWilson’s BOPとRed BOPを外したため1日とその翌日の午前中しかなく超あせった。

21日は前日より更に30分ほど早く起きて出発。ポーターも4名雇ったので総勢は10名以上。途中でFlogmouthなどを探しながらであったけど、人数が多すぎ、かつ、饒舌な人物がいたので、夜の鳥は失敗٩(๑´0`๑)۶

そのまま、黙々とWilson’sBOPの場所まで。やっと着いたと思ってハイドを見ると、何これどう見ても三脚で撮影するには3名分のスペースしかない。

FcさんとHiroさんが緊急にハイドの横にスペース作って対応。

最初は、そのFcさんとHiroさんしか見えない場所に現れる。他の3人には全く見えず。

そして、近寄って来たと思ったら、私だけ見えない場所で動いている。そこから後方に下がったので少し見えたが、写真はどうにもならないレベル。写真を諦めてビデオにした瞬間に飛んでいってしまった。

帰国報告で写真は掲載しているので、ほんの数秒撮影したビデオを公開しておきます。

その時点で、私だけが撮影していない状態。もし、これにて終了してしまったらどうしようと不安がよぎった。それから、もう一度出てくるまでの時間の長さ。きっと15分ほどであったであろうが1時間くらいにも感じてしまった。

やっと出てきてくれたかと思って兎に角シャッターを押しまくったが、殆んどボツ。スペックを見るとISO6400でSS1/125。

ヤイロチョウだったらこのSSで十分なんですが、このフウチョウはチョコマカ動くので本当に難しかった。

その後、そのハイドの近くで common paradise kingfisher を狙ったのですが、2−3人が姿を確認した程度でした。

ハイドから道路に出てきた所に数種の鳥が出てきたのですが、私は殆ど撮影出来ずに終わってしまいました。

やっと♂の赤い胸が撮影できたと思ったらピンが甘い

こんなモナーク(Spot-winged Monarch?)もいたけどこれまたピンぼけ

遠かったけど、Red-cheeked Parrotの茶色バージョンかな

ガイドがspotted なんとかと言っていたので名前は直ぐにわかると思っていたけどこれが、図鑑で探しても分からないのです。その後、spotted Honeyeater とFCさん教えていただきました。

その後、ゆっくりと探鳥しながら宿に戻って行きましたが昨日より鳥の出が悪かったですし、私の場合、ポーターにカメラを持たせていたので間に合わなかったこともありました。

宿には11時前には戻って来たので、シャワーを浴びてマッタリしていました。

ガイドが近くに、Shining Flycatcherなどがいるといったのですが、疲れていてパスしました。

午後からは、ガイドは、 common paradise kingfisher を狙いにとガイドは言ったのですが、明日、朝のワンチャンスに掛けるのはリスキーと言う事でFCさんがガイドと交渉しRedのポイントに行きました。

これまた、厳しい場所で、踊り場の木は逆光で抜ける場所も少なかったです。

そんな中、私は遠くの木を見ていると何か3羽飛んできたように見えたのがRedでした。

私はチョット遠目に三脚を構えていたので、遠くの木に来たと思って撮影したら、枝被りいっぱいでしたが、背からの姿が唯一写っていました。

その後、私の目の前に一瞬飛んできたので撮影しましたが、綺麗には写っていましたが、尾羽が一部切れていたしやはりハラウチショットでした。

その後、踊り場に来たのですが、皆さんは撮影できても私は殆どダメでした。

これでは、イマイチと翌日(22日早朝)もチャレンジすることにしたのですが、、メスが現れず、ほんの数分で終わってしまいました。

本当はFCさんはWilson’sに行きたかったようですが、同じ宿に泊まっていたアベック(夫婦には見えなかった(^^ゞ)とアメリカからのグループ8名が行くというのでこれは無理と断念したようでした(その日はほんの一瞬しか出なかったようです)。

で22日のRedは直ぐに終わってしまったので、探鳥しながら、とくにPalm Cockatooを探して行ってのですが、上手くいきませんでした。さらにビーチに出て、Beach Kingfisherも探したのですが、不発に終わりました。その探鳥で撮影したのは

オオハナインコ(毎日愛想よかったです。)

その近くには枝被りだったけどHooded Butcherbirdがいました。

他にはクロサギとかオオアジサシ、シロガシラトビ程度でした。

その時に、Hiroさんが殿にいたのですが、何故か我々を見失ったようで先に、宿に帰ってしまいました。

その後、最後にRufous-bellied Kookaburraが近くに営巣していたという場所で鳴き声を鳴らすと飛んできました。

これは近かったけど、抜けはイマイチでした。そん時にTさんがバッテリー切れというのです。実はTさんだけN社なので誰も貸せなかったのです。でTさんが20分以上かけて宿まで戻ってバッテリーを持ってきました。ギリギリセーフでした。

その、Rufous-bellied Kookaburraの後ろには遠かったけどPink-spotted Fruit-Dove    がいました(同定自信ないし、超証拠写真)。

宿に戻る前に、そこを通過して昨日Shining Flycatcherの場所にいきました。

昨日より出が悪かったし、私は疲れていたので、少しで諦めてしまったのでRuby-throated Myzomelaだけを撮影してWaigeoでの撮影は終了となりました。

帰りのフェリーは、行きに撮影したこともあり皆さん客室でゆったり過ごしました。

Wilson’s Bopも Red Bopもイマイチでしたが、取り敢えず撮影できたので、これで良しとしておきます。次回のチャンスは年齢を考えると難しいかな。

20日のWaigeo探鳥

この朝から本格的に鳥見開始。3時半に起きて、4時朝食、4時半に出発。

ガイドの話では、3箇所の急坂を過ぎればあとは大したことないという話だったけど、そもそも、山に入って行く入り口までの舗装道路だけでもそこそこの距離がある。それからの坂道なので疲労困憊。途中で夜の鳥を探しながら。

私は途中でで疲労困憊していると見破られて、荷物を途中でもってもらいました。で翌日から、ポーターを雇うこちにしたのですが、feathercollectorさんを除いて全員が雇うことになりました。

やっとのことで、Wilson’s BOP(アカミノフウチョウ)のハイドについて、「よーし、撮影するぞ」と気合が入ったのですが、これが空振りでした。

現地ガイドが別のハイドを見に行ってくれてそちらには出てきたというので、翌日はそのハイドにいくことになりました。でも、そのハイドは更に遠いポイントにあるのでもっと早く出発しないといけないことになりました。

当日は、もうBOPの時間には遅いので、普通に探鳥でした。

最初は、何か長い嘴のハナドリが。これはあとでユックリ同定コースですね(Srongのと同じ種かな、別種?)。

そのあと、毒をもった鳥として有名な Pitohuiが出てきました。地味だな~この鳥、色と棲息地からRaja Ampat Pitohui(Rusty Pithuiかも、それだとサビイロモリモズだけど和名に該当がないアンパットモリモズと勝手に名前をつけたりして)ということにしました。

Hiroさんが何か大きな鳥が飛んで行ったと言った方向にグレーの鳥が見えるんですが、Western Crown Piegeon(カンムリバト)がとガイドが。それは大変と必死で撮影しようとしたのですが、頭が枝被りで結局どうしようも無かったです。赤い目は見えても、肝心のカンムリがみえない。Fcさんは何とか抜ける場所を見つけて撮影できたようですが

その後は、Lowland Peltops(クロアカヒタキ)とか、ハナドリとか2種の鳩とパプアシワコブサイチョウなどを撮影した。

Olive-crowned Flowerpecker(ムネアカハナドリ)

Mimic Meliphag(オリーブキミミミツスイ)

Great Cuckoo-Dove( マイヒメバト)もっとキッチリ撮影したかった鳩です。

崖の見晴らしの良い場所で鳥見しながら休んでいた時の撮影です。

Pinon Imperial Pigeon(アカメミカドバト)

Blyth’s Hornbill(パプアシワコブサイチョウ)

カラスのようなものだけど、Brown-headed Crow(チャガシラカラス)

本来なら、宿に戻ってシエスタの予定となっていたようであるが、Red BOPのポイントまでまた、山を登って来る予定というので、流石にそれでは体力がもたないということで、昼食を持ってき来てもらいRedまでの時間は木陰で休むことにしました。昼食後Redの場所に行って昼寝していました。

Redの時間は午後4時ということなので4時間近く休むことになりました。

しかし、この日はRedは来たものの踊らず、このポイントは良くないということで明日は別の場所でということになりました。この日はWilson’sとRedの2つともに外し、この先どうなるやらとやや不安が過るし、明日はもっと歩くことになると思うと気が重くなってなってきました。

5時くらいでRedを諦めて宿に向かいながら、探鳥。枝被りのGlossy Manucode(テリカラスフウチョウ)と思われる鳥が。自信ないけど。

低いポイントになって来たら、オオハナインコが彼方此方に。ガイド曰く、こんな:Eclectus Parrot (オオハナインコ)いる場所は他ににはないとのことで、勘違いしないようにとのことでした。でも本当に、日本のカラスと同じくらいいたような感じでした。

最後の最後に、Red BoP の幼鳥が!というので追っかけたのですが、ターゲットがよく分からず、インコを撮影してしまいましたが、よく見ると、写真の下の方に写っています(超証拠写真)。また、インコも何だかよく分からんけどRainbow Lorikeet( ゴシキセイガイインコ)かな。

ということでこの日はターゲットが撮影出来ずどっと疲れた一日となりました。