台湾最終編

最終日は、朝は霧があったものの、徐々に晴れてきて、23kポイントにある赤い実の場所に着いたときには、快晴に近くなっていた。

台湾最終編は、そのに出てきた小鳥を紹介して終わりにしようとおもいます。というのも、最初Blogアップした鳥達の写真は、雨に濡れた写真ばかりでした。ミスで最終日の現像をするのを忘れていたのです。

ということで、Vivid Niltava,White-eared Sibia,Taiwan Yuhinaを紹介します。

慌しい日程ながら、まあ、満足できる成果でした。

 

 

Taiwan Barwing

Taiwan Barwing:シマドリ

英名にTaiwanと付いているので台湾固有種。

英名のBarwingの方がわかりやすいですね撮影場所は、ゲートの直ぐ近くにある駐車場横でした。羽の縞が素敵な鳥で、体のシルバー部分とかNiceな感じでした。

皆が撮影しているのに気づくのが遅くやっと、1シーン何とか撮影できました。

White-browed Bush Robin

White-browed Bush Robin:キクチヒタキ

台湾固有種ではないようですが、ここが一番撮影しやすいのだとか。でも、台湾に行くまでは場所を知らなかったのですが、現地の人に教えていただきました。

この鳥は、名前のとおり和名は菊池さんが名づけたようです。

その場所、コケ蒸している場所だけにかなり暗い場所。そんな時に限って霧が出てくる。まあ、ここでは仕方ないです。

50kポイントの他の鳥

0Kポイントは、ニイタカキクイダキもでるそうであるが、残念ながらみることができなかった、

しかし、そこには、別の鳥も撮影できたので紹介します。

Nutcracker:ホシガラス

日本のホシガラスと同じ英名ですが、別種扱い(亜種?)になるようです。見た感じは日本のより茶色ぽいかな。でも、朝で、空抜けなんで全くのダメ写真でした。

WhiteーWhiskered Laughingーthrush:キンバネホイビー

他の場所でも撮影してますが、一番感じよく撮影できた場所がここでした。餌付けされている場所では、この鳥やたらと人慣れしてます。

Red-flanked bluetail:ルリビタキ

日本の鳥もいました。