Costa Rica 探鳥 最終日・最終

Cerro Lodge近くで

タルコレス川でのクルーズを終えて昼食とチェックアウトの為に、ロッジに戻りましたが、ロッジ手前で、ガイドがロッジを通り越した場所に名前忘れたけど鳥がいるので撮影するかと聞いたので(確かアメリカのケリだと思ったが)、行くことに。

しかし、その鳥はいませんでした。ケリだったはづですので、牧草地でした。環境的には、いても不思議はない環境。

それでも、2種の鳥がいました。

White-throated Magpie-Jay

図鑑を見たときに、頭の飾り羽が印象的で、これも見てみたいなと思った鳥なんですが、嬉しかったというよりこのカケスにはその大きさに(@_@)でした。カケスは大型の小鳥という印象。でもアメリカのは更に大きいという印象。だけど、この鳥、オオタカくらい(48㎝)。

Eastern Medowlark

まあ、雲雀(日本のと同じではないと思うけど)なんで普通種でしょう。これも、名前から想像するよりも大きいし派手。

 

昼食を摂って、チェックアウトしてCarara N.Pに行くことになってました。バゲージは、ロッジに預けて戻る予定で撮影機材だけをもってでかけました。すると、直ぐにガイドが車を止めました。メインロードへの接続道のすぐ横の木に、こんな素敵な鳥がいました。

Gartered Trogon

Carara National Park

 

駐車場について、トランクの中にズームレンズのセットを置いていこうとしたら、ガイドがそれは危険ということで、スペアタイアの中に隠しました。

中米では治安の良いコスタリカとはいえ、日本と違うので気をつけねばということを感じました。

その公園では、1時間強しか時間がなかったので、あまり撮影できませんでした。時間帯により、水場には、マイコドリがくるようです。今回はその時間がありませんでした。もう少し、ここで探鳥したかった。

Scarlet Macaw

動物園などで見かける鳥を野生でみるのも海外探鳥の醍醐味ですよね。それにしても、このインコは、騒々しい声でないていました。とはいえ、撮影できる場所に出てくるとは限らないので撮影できてよかった。

Orange-chinned Parakeet

高い木の上にいたうえに、小さい鳥(18cm)だったので超証拠写真でした。

Barred Antshrike

なかなか、渋いというか粋な感じの鳥。

これが、コスタリカの最後の鳥になりました。

いままで、鳥以外は紹介しなかったのですが、コスタリカで最後に望遠レンズで撮影した動物を紹介しておきます。

White-nosed Coati

 

このあと、ロッジに戻り、シャワーを貸して頂き、サンホセに向かいました。途中で今回唯一ではないかと思われる高速(有料)道路のような道を走りました。

サンホセで夕食をガイドと共にして、空港まで送ってもらいましたが、空港では一杯時間があまってました。

なにしろ、翌日の午前1時30分発でしたので。

開いていたのが、このCafeだけ。ガラガラの状態でした。帰国もヒューストン経由で、順調なフライトで時間通りに帰国しました。

これにて、Costa Rica 探鳥記はやっと終了です。長い間ありがとうございました。

最後にこの探鳥をセットしていただいたコモリさんありがとうございました。

Costa Rica 探鳥最終日 その3

タルコレス川ボートクルーズ続き

一旦川を下ってから、別の流れ?で内陸のほうの、マングローブの中に船は進んでいきました。

Roseate Spoonbill

マングローブの中にはいないかったですが、単独で川岸にいたり、飛んだりしていました。

Tricolored Heron

littele blue heron

Green Heron

前回紹介済ですが、首を伸ばしていると別の鳥に見えてしまいます。

Red-winged Blackbird やOsprey(ミサゴ)もいたのですが、マングローブに入る前には

Moscovy Duck

その付近だったと思うのですが、上空には

Snail Kite

Boat-billed Heron

マングローブの入ると、両岸の枝の近くに鳥を探してゆっくりと進んでいくのですが、こんな奇妙な鳥に遭遇。でも、動かなかったのです。残念!

ここのメインターゲットは多分、Kingfiher。でも以下の2種しか撮影でませんでした。

Ringed Kingfisher

このカワセミには何度も遭遇したんですが、飛びものは撮影出来ませんでした。

Green Kinfisher

Amazon Kingfisherや、もっと小型のAmerican Pigmy Kingfisherもいるんですが見つかりませんでした。

Yellow Warbler (mangroove resident spicie)

Yellow Warblerは、渡り鳥と留鳥の2種いますが、こちらは留鳥の方です。

Scaly-breasted Hummingbird

前日に撮影したハチドリですので1枚だけ紹介。

Lineated Woodpecker

一寸、いい感じのキツツキでした。

Northern Jacana

2-3度出てきたと思うのですが帰りがけの岸にもいました。

 

最後に超普通種の燕を

Mangrove Swallow

撮影には苦労しました。燕は近くで撮影は難しすぎ。

ワニを最後に紹介してでタルコレス川クルーズの探鳥は終了です。

 

 

Costa Rica 探鳥 最終日その2


朝食の後、タルコレス川クルーズで探鳥

朝食の後、タルコレス川でのクルーズで探鳥の予定であったが着いてみると、船がいない。既に出てしまったのか?ガイドも困惑していた。

どこでどう交渉したのか、我々だけの貸し切りのクルーズとなった。結果的には撮影には良い条件となった。三脚を置いてじっくり狙うことと、手持ちでフットワーク良く狙うことの両立が可能となった。

ボートに乗る前の探鳥

Inca Dove

Morning Dove

7:23:14 PM

White-winged Dove

 

全部普通の鳩なんですが、当地では初めてとか確り撮影していなかったので撮影しました。この鳩達、Texasに全部いて、そこでも普通種でした。

タルコレス川ボートクルーズ

風景写真を撮影すればよかったのですが、特に意識していなかったのでスマホ写真もデジカメ写真もありません。望遠レンズで撮影した写真を代わりに貼っておきます。

 

以下、順にと言いたいところですが、一部順番ではなく紹介です。

Cattle Eglet

って、単なるアマサギだけど。世界に一番広く分布している鳥の1種

Bare-thoated Tiger Heron

Green Heron

 

その上空の遠くを

Scarlet macaws

が飛んでいきました。それにしても遠かったな。

と同じ方角に

Plumbeous kite

川の岸に目をやると

American white ibis

だんだんと、河口に近くなったような感じでしたが、その上空では、

Magnificent Frigatebird

が群れで飛びまわっていました。

見慣れた、シギも

Black-bellied Plover

 

ガイドは、すこし珍しいような感じで紹介していたけど、三番瀬の常連の「トウネン」です。間違えです、ダイセンですね!

 

日本にはいないシギも当然います。

Spotted Sanpiper

三番瀬のいた、ハイブリットのアラオバはこの鳥(アメリカイソシギ)とオバシギの混雑種だったような?

Willet

Brown Pelican

も群れでいました(アメリカの海岸の常連ですね)

Woodstork

も飛んでいました。

撮影種が多いのと一旦ここで終了し次回に。

 

 

 

Costa Rica 探鳥最終日 No1

いよいよ最終日になりました。その日の朝は、Cerro Lodgeのレストラン脇で撮影しました。Red Macow が出てくることがおおいそうなんでそれを狙ったのですが、その日は、運悪くでてきませんでした。
かなりな確度ででるという訳でもなので、こればかりは仕方ないですね。
朝食まで、そこで撮影したので、今回はそれらの鳥を紹介します。

Cerro Lodgeでの撮影

Lodgeの撮影場所はrestaurantの横、レストランはこんな感じでした。
五時過ぎくらいだと、まだ暗いので高ISOを使わないと止まらないのですよね。
そんな中、出てきたのが

Rufous-naped Wren

営巣していたようで、何度も彼方此方にでてきました。

Hoffman’s Woodpecker


その時、遠くの木に小鳥が数羽止まっているのが見えたのですが、どんな鳥なのか全くわかりませんでした。ガイドは

Red-eyed Vireo

がいるというのですが、わからん。

あとで写真をみたら、中心でない場所に写ってました。なので、フォーカスが確り合っていませんでした。

その近くにいたのが、

Variable Seedeater


地味な鳥です。これは、♂でPacific Raceで、Caribian Raceは、真っ黒なんです。

Yellow-crowned Euphonia


近くに出てきた鳥もいました。

Torquoise-browed Motmot


彼方此方に登場で、フレンドリーでした。


Tropical Pewee


Cinnamon Hummingbird

ガイドがいると言ったので、追っかけたんですが、逆光でこの1枚でけしか残っていませんでした。なんんとかシナモンの色が出ているでしょうが。

その上空をインコの群れがとんでいくんですが、これが、なかなか難しい

Yellow-naped Parrot


遠かったけど

Red-Lored Parrot


これで、早朝の撮影を終了し、朝食後のタルコレス川のクルーズに向かいました。本編はここまでです。

Costa Rica 探鳥8日目 その2

Dr Alexander Skutch Bird Refugeから次の宿のCerro Lodgeまでのロングドライブは、約半日掛り。途中で、今回のガイド会社の社長と昼食に。なんでそうなったか?その町にその会社があったからではあるが、そんな必要あったのかな?

その道の途中で出会ったのが2種の

Kingfisher

でもアメリカ大陸のカワセミってヤマセミ系で東南アジアと違い地味なんですよね。

Ringed Kingfisher

Amazon Kingfisher

途中でコーヒーブレイクしていくと、ガイドが車と止めると、明日出会えない可能性があるので、ここでこの鳥を撮影しておくと。車道の向こうの荒れ地に数羽止まっていた。猛禽なので、直ぐに飛んで行ってしまうかなと思い少しずつ進んで行ったが、結構近寄ることができた。

Crested Cracara

幼鳥もいました。

夕方近くになってやっとCerro Lodgeに到着でしたが、Lodge手前に鳥がいるので、それを撮影しました。

Ferruginous Pgmy-Owl

このフクロウは、小型で15cmくらい。Texasの牧場で撮影していました。

Stripe-headed Sparrow

ミヤマシトドに良く似ている。

他の鳥とか、ベニコンゴウインコも飛んできたのですが、如何せん暗い。ベニコンゴウインコはそれに遠すぎでした。

Cerro Lodge

1泊だけの泊まりでしたが、2泊くらいの価値のありそうなLodgeでした。ACなかったけど、ここは過ごしやすかった。熱帯乾燥林と海岸近くなので過ごし易いのでしょうか。

そこで最終の夜なので、ガイドがNight birdingをしようと。2種だけでしたが宿の敷地内にいました。

Night birdingで撮影した鳥

Common Pauraque

Black-and-white Owl

Costa Rica 探鳥記 8日目その1

Dr Alexander Skutch Bird Refuge

ガイドから、今日はロングドライブになると言われていたのですが、朝食後、山を下って、すこしだけ南に。行先はDr Alexander Skutch Bird Refugeという場所。Los Cusingos Bird Sanctuaryに行く予定と書いてあったので、その一部と思われます。

今まで、マイコドリ(Manakin)を撮影していないので、ここで探そうということになったのですが結構苦戦でした。

まず開けた場所にでてきたのが

Scarlet-thighed Danis


いい鳥なんですが、腹打ちと枝被りではしかたないですね。

Scaly-breasted Hummingbird


Common Tody-flycatcher

ここから、マイコドリをさがしに森の中に入っていきました。なかなか現れず、やっとガイドが

Red-capped Manakin

を探し出しましたが、高い枝の上で、撮影には苦労しましたが、ムーンヲークを2回ほど踊ってくれました。

その前に、こんな鳥を撮影してましたが、幼鳥だったようです。

その近くにもう1種発見

Blue-crowned Manakin

Red-capped Manakinが高い枝にいたので、露出をオーバーにしていたのを最初全く忘れて撮影していて失敗しました。気付いたときには時遅く、いい場所に止まったシーンが撮影できませんでした。

兎に角2種撮影できて取り敢えずホットしました。その後、最初の開けた場所に戻ると、キツツキが

Red-crowned Woodpecker

Red-crowned じゃないけど?それにHoffmann’s Woodpeckerそっくりなんだけど?とガイドにきいたら、生息地が重複していない。この場所はRed-crowned Woodpeckerしかいないとのこと。また、赤い色はでないことが多いのだとか。このキツツキも営巣していました。

Dr Alexander Skutch Bird Refugeを後にして遠い次の場所Cerro Lodge に向かいましたが、車に乗って走り出しと直ぐに

Swallow-tailed Kite

が至近距離をとんでいたので、これを撮影しました。

2枚とも500mmフルサイズでノートリです。

ここからが昼食を途中ではさんでのロングドライブになりました。今回はここまでで終了です。

 

Costa Rica 探鳥7日目 その3

Bosque del Tolomucoでの探鳥

前回に続いてBosque del Tolomucoの宿での撮影です。ここの宿のターゲットのTanager 以外の鳥を紹介します(前回も少し紹介してますが)。当然ここにもハチドリがいましたのでまずそれを紹介します。ハチドリフィーダーもあったと思うのですが、記憶がなくなっています。写真をみると庭の花に来たハチドリです。

Hummingbird(ハチドリ)

Volcano Hummingbird


比較的いい感じに撮影できました。

Stripe-tailed Hummingbird

ここでも、尾の白いストライプが見えるシーンを上手く撮影することができませんでした。腕が悪すぎ(汗

Rofous-tailed Hummingbird

少しイメージが違うんですが、嘴の色とか、羽の色とかみて同定したのですが、自信なし。他には、Magnificent Hummingbird,Green-crownd Fairyも撮影していますが、フォーカスが合っていない上に露出が出鱈目で写真になっていませんでした。本当に腕が悪いし、ちゃんとカメラの設定を見るという基本動作がなっていない–反省

次は余り、綺麗ではないですが、新大陸らいしい鳥の紹介ということで

Tyrant Flycatcher(タイランチョウ)

今までこの種類は紹介済なんですがTyrant Flycatcher らしいのをというか、Texasなどに先に行っているとこんな鳥になじみがあるんですね。なので、新大陸らしいというのは私の印象です。

Great Kiskadee

比較的いい感じに撮影できました。

Social Flycatcher

本当に同定に自信ないけど、ガイドと確認したバードリストでは、この鳥ということになっていますが(汗

Toropical Kingbird

頭の灰色のKingbirdは、2種。この鳥と、Western Kingbird。でもWesternの方は冬鳥だし、ガイドの同定もあり大丈夫でしょう。まあWesternの方は尾羽に白い縁取りがあるので、それをガイドが見落とすことはないと思います。

Western WoodPewee



これも同定が難しい鳥なんですが(3種くらい同じような鳥が!)バードリストでのガイドの同定を信用ということで。

宿の周り散歩で撮影した鳥

とにかく、太平洋側のスロープは雨が多くて、歩いての探鳥が今回ほとんどできませんでした。この宿でも、雨の切れ間を使って宿の周りを周遊しました。その時はこの2種しか撮影できませんでした。しかも、光が悪く、写真が不出来です。

Collared Trogon


せっかくのTorogonなんですが、全くの逆光で赤い腹がでていないし、緑の羽もみすぼらしくしか写っていませんでした。

Squirrel Cuckoo


来る前から撮影したかったCuckoo にここでやっと出会えました。がこれも空抜けかつ、枝が邪魔して(泣き

フィーダーで撮影したTanager以外の鳥

適当に分類して紹介してきましたが、要はそれ以外の鳥を

Gray-headed Chachalaca

デカい鳥が近くに来すぎると、上手く撮影できない。しかも、フィーダーにくると、フィーダーが確り写ってしまいます、なんとかこの1枚だけ。

Flame-colored Tanager

フィーダーではない場所で、でも遠かった

Tropical Parula

これもどうしょうもなく遠く曇りの空抜け、色がでていない。

Brown-capped Vireo

Sulphur-winged Parakeet

今度は枝被りで(泣き

Blue-crowned Motmot

少しはいい感じで撮影できました。枝が細いともっと良かったけど。

3種まとめて

Black-Vulture,Blue-and-white Swallow,Swallow-tailed Kite


いつものハゲタカと燕、トビ。

以上でBosque del Tolomucoで撮影した鳥は終了です。Scaled Pigeonをガイドがスコープにいれて見せてくれさらに、それをスマホで撮影してますが、流石に写真になっていませんでした。その鳩であることはわかりますが。

この宿では8日の朝にも撮影してますので、これにて8日の朝まで終了です。その朝は、Red-headed Barbet狙いでしたが外したことは既に書いた通りです。

この宿のオーナーによれば、良い時期(1-2月?)なら、ここから山を登っていけばマイコドリが数種撮影できると言ってました。

次回は8日、この宿で朝食後向かった Dr Alexander Skutch Bird Refuge での探鳥を。