Song Sparrow;ウタスズメ(追加)

相変わらず、デスクトップ・バーディングもやっています。アリゾナ州のブエノスアイレス野生保護区で撮影したものですが、Sparrow 系ということは分かっていたのですが、ズートHDDの奥にしまって置いたもの。 日本の鳥を調べていたらこの鳥の名前が出ていたのと、FCさんが日本の鳥になっていると書いてあったのを思い出し、良く調べて見たら、この鳥らしいということでArizona 編に追加しておきます。眼の上のグレーのラインが耳のあたりまで伸びており、 胸にはまだら模様があるという他のSparrowにはない特徴があるのでウタスズメということにしました。 北米では、かなり広範囲に棲息しているようで、亜種かどうかわかりませんが、図鑑には2-3種のバリエーションが載っていました。

これ、日本の鳥に認定ということですが、何時、何回くらい日本に迷ってきたんだろうか?

カタジロアメリカムシクイ

最近BLOGのカスタマイズ(といってもいままで、使っていなかった機能)して、タグをつけていたんですが、アメリカムシクイのタグも付けました。ところが、あるはずの画像がない?どうもアップし忘れたようです。今回追加です。

そのムシクイはカタジロアメリカムシクイで、この鳥は、結構派手でスター級の鳥でした。撮影地は、アメリカ、ツーソンの南、マデラキャニオンの探鳥地。マデラ・クボというロッジの前。クリーク沿いに道が付いているので、道の横の木の止まってくれました。

アリゾナシリーズ最後の写真

アリゾナシリーズ最後の投稿です。

オオギアメリカムシクイ–アリゾナではレアな鳥のようで、マデラキャニオンのサンタ・リタロッジで今出ているので探してみてと言われたのですが、証拠写真程度しか撮影できませんでした。

後で写真をチェックしていたらこんな写真が?多分、キイロアメリカムシクイとルーシーアメリカムシクイなのですが、その時気づいていればもっと探して撮影したのに

撮影地;ブエノスアイレス野生保護区

canyonの撮り逃がし

ミソサザイとトウヒチョウなのですが、Arizonaではミソサザイは4種、トウヒチョウは2種なんですが、
ミソサザイは2種、トウヒチョウ1種しか撮影できませんでした。両方ともCanyonという名の鳥を撮り
逃がしました。仕方ないですね。
シロハラミソサザイ 撮影地;ブエノスアイレス

撮影地;Mt、レモン

メグロトウヒチョウ;Sweeter Wetland

他のタイランチョウ

タイランチョウは、種類が多くてにたような鳥が多すぎます。今回は、今までに紹介しなかったタイランチョウなんですが、本当に合っているのか?かなり不安

この鳥の同定は問題ないです。キバラブチタイランチョウ

コスタリカやメキシコに棲息し、アリゾナ南部は北限です。マデラキャニオンで撮影

他は自信ないです。メグロハエトリ

撮影地はパタゴニアの手前のレストエリア

もう1種、同地で撮影したものオリーブヒタキモドキ

アリゾナの典型種のようですが、私は自信ありません。ハイノドヒタキモドキ

サグアロ国立公園にて

最後にかなり地味な鳥ですが、ニシモリタイタンチョウサン・ペドロリバー・リパリアントにて;

King bird

ニシタイランチョウ、ハシボソタイランチョウ

kingbirdという種は、殆ど私には同定不能です。ニシタイランチョウ(western kingbird)とハシボソタイランチョウ(cassin’s kingbird) 一応、解説書にあった尾羽に白い外側の線があるのをニシタイランチョウとしてみましたが?(゚∀゚ ;)タラー合ってない自身大

ニシタイランチョウ

撮影地;サンペドロリバーリパリアント

ハシボソタイランチョウ

撮影地;ブエノスアイレス野生保護区

撮影地;パタゴニア近くのレストエリアにて

アメリカツリスガラ(Verdin)

アメリカツリスガラは、アリゾナでは良く見かけた鳥です。特に、ツーソン市内、郊外で見かけました。なかなか、かわいい鳥で気に入りました。トフォノ・チュル公園で撮影したものですが、枝を登ってくるのは、日本のツリスガラが葦を登ってくるのと同じですが、その行動からキバシリに近いようです。

もう1枚同じ場所での撮影です。

ソノラ砂漠博物館で撮影したものですが、こういった場所がに棲息するようです。

サグアロ国立公園で撮影したものですが、♂と♀でしょうか?