小鳥ポイントで

Whiskered pittaの撮影場所は相当なキツイ山登りのでした。写真の山頂近くの黒い影部分の下の方だそうで、この写真を撮影したポイントから車で少し登った村から登り始めるのです。

small1747

途中で見えた風景ですが、まだ中ほどより低いポイントです。

small1748

帰りの撮影ですが、かなり降りて来たポイント。雨が降ると、道を水が流れているようなので、急な上に悪路です。

small1749

途中にいたトカゲ。面白い格好をしていました。

small1750

そこから降りて来て、宿近くに小鳥が集まるポイントがありました。この木の実に集まるようです。

Philippine Hanging Parrot:シュバシサトウチョウ。インコはあまり好きではないけど、小さいインコはすきです。Hanging Parrot は特に小さくてよいです。

ruzon1403

ruzon1402

Yellowish White-eye:フィリピンキメジロ

ruzon1401

Whiskered pitta 探鳥旅行

4月2日の日曜日Whiskered Pitta photo tour 参加者求むがFacebookで友達になっている(知ってるだけだけど)フィリピンのガイドが投稿していたのを発見。例年だと7月中旬なんだけど?と思いながら参加ではなく、検討をポチとするとガイドから更にインフォメーションがきた。

Whiskered Pitta(ルソンヤイロチョウ)撮影に行きたいと言っていたK君に連絡すると、時期が変だけどいま出ていることが確からなら行きましょうと直ぐに返事が。

そんなこんなで、その日のうちに予約して手続きを始め現地4/14-4/16のガイドを予約してあっという間に探鳥地に。

空港でガイドと出会い、その日程はフィリピンのGWような日なので渋滞を避け、深夜に移動でした。

初日・2日は、BK・Valleyという場所での探鳥で、いきなりWhiskered Pitta撮影に向かいました。これが850mの標高から1400mまでの山登り。ポーター付きではあっても、60才半ばの私には超厳しい山登りになりました。

行くともう出てる。エ・エ—-マジ ハイドにも入らない。撮影は極めてイージーで、鳥は超フレンドーでした。

こんなの、餌付いていたのでこんなイージーだったのでしょうが。本当はとてもshyで枝かぶりでも撮影できればそれでも良いという鳥なんでしょう。

餌付いていても、ここ4年間、ちゃんと営巣し子育てもできている。これで餌付けは害になるという団体の言い分は全くわからん。

まあ、そんな餌付けの鳥写真は意味ないでしょうというのは価値観の相違でそれはそういう考え方もあることは肯定しますが。