Indigo-banded kingfisherのポイント近くで

 Indigo-banded kingfisherを撮影でブラインドに入って待ったが、1時間ほど経っても全くでてこないのでブラインドを出てその近くに鳥がいないか歩いてみることに。
 川沿いに100mほど歩くと、bushchat(クロノビタキ)を発見。でもメスでした。
bushchat
その近くに Pied Triller(マダラナキサンショウクイ)が出てきた。ガイドは、日本にもくるAshy minivet( サンショウクイ)と言ったけど、どう見ても違うでしょ。
Pied Triller
Indigo-banded kingfisherはやはり見当たらないので元の場所に戻ると、ガイドが Magpie-robin(シキチョウ)を指差して、endemicだという。マジですか?変わったとこないけど!
でも撮影していくかと。別種になってPhilippine Magpie-robinというらしい。しかし、何かありがたみないな~。
Philippine Magpie-robin
そこを見ているとその奥に Indigo-banded kingfisherを発見。
リトライとなったのです。

indigo-banded kingfisher

indigo-banded kingfisher アオオビカワセミ

翌朝は、BK Valleyの麓の村でindigo-banded kingfisherを狙いました。
ブラインドに入って狙ったのですが、これが全く出てこない。
途中で水入り。少し、歩いて鳥を探し(10分ほど)、リトライしました。これが功を奏したかわかりませんがやっと飛んできて撮影できました。
その後一瞬で何処かに行ってしまいました。
3日目のDRTでは、ブラインドなしに近くにでてきたので、2日目の朝は何だったのか?とも思えてしまいますが結果論ですね。それに、BK Valleyでは♂、DRTでは♀だったので、まあ良かったとしておきます。
上2枚が♂、下2枚が♀です。
ついでに、BK Valleyの写真2枚。レストランの入り口と部屋の上が展望デッキになっていて、そこからプライベートロッジのベランダを撮影したものです。
それにしてもDRTって何の略だったかな、忘れてしまった。
small2119
 
small2129

Luzon Hawk-Owl,ルソンアオバズク

フィリピンに行く日にReyから、Messengerで連絡が入った。Luzon Hawk-Owl,ルソンアオバズクが出ているからライトの準備をよろしくって。そんなの早く言って欲しいなー。

ということでこの鳥を撮影することになりました。ベランダにせり出した枝に止まるから、ロッジの部屋に入って待っていると、本当にガイドが言った通りの場所に止まりました。

Hawk-Owlは、〇〇アオバズクなんで、日本のアオバズクの顔によく似ている。

それと、アチコチでsplitされるているのです。この鳥もPhilippine Hawk-Owlが3種に分かれたようです。ルソン、ミンダナオ、あとパラワンなのか(調べてないのだけど⇒こんなホームページがあった)。

プライベートロッジのベランダにて

午後は、宿近くにプライベートロッジがあり、ローカルガイドが管理している言っていた。そのベランダが森林の谷に面していて、ここに鳥がとんでくるのでそこで鳥を待つという午前中とは全く反対の怠惰な鳥撮影。

コーディネイターのReyによれば、フィリピンでは定位置でバードフロックを待つというのが一般的とのこと。本当か?

バードフロックはなかったがそこそこ鳥が飛んできた。

Scale-feathered Malkoha:ウロコバンケンモドキ、チョット変わったバンケンモドキで撮影したかった鳥です。

Philippine Coucal:ミドバンケン

潜行性のある鳥なんで綺麗に全身は撮影できなかった。

Spotted Wood Kingfisher:シロボシショウビン

♀なんです。チョット素敵なカワセミ。アオヒゲショウビンににているかな?

Elegant Tit:シロボシガラ

シジュウカラを少しだけ綺麗にしたような?

Blue-headed Fantail:ズアオオオギビタキ

意外と止まっている時間があったので撮影できました。

小鳥ポイントで

Whiskered pittaの撮影場所は相当なキツイ山登りのでした。写真の山頂近くの黒い影部分の下の方だそうで、この写真を撮影したポイントから車で少し登った村から登り始めるのです。

small1747

途中で見えた風景ですが、まだ中ほどより低いポイントです。

small1748

帰りの撮影ですが、かなり降りて来たポイント。雨が降ると、道を水が流れているようなので、急な上に悪路です。

small1749

途中にいたトカゲ。面白い格好をしていました。

small1750

そこから降りて来て、宿近くに小鳥が集まるポイントがありました。この木の実に集まるようです。

Philippine Hanging Parrot:シュバシサトウチョウ。インコはあまり好きではないけど、小さいインコはすきです。Hanging Parrot は特に小さくてよいです。

ruzon1403

ruzon1402

Yellowish White-eye:フィリピンキメジロ

ruzon1401