Ecuador探鳥記No19

前回同様にバナナフィーダーの続きを

今回は趣向を変えて、同定のかなり迷って今も自信のない3種を

Thick-billed Euphonia:ハシブトスミレフウキンチョウ

ここのバナナフィーダーでも出てきたはずなんすが、特徴が分かり易い個体を掲載しました(Alambiでの撮影)。

Orange-bellied Euphonia:キバラスミレフウキンチョウ

この写真は、現在、紹介中のバナナフィーダーにて撮影のもの

Orange-crowned Euphonia: キカムリスミレフウキンチョウ

4日目に行ったバナナフィーダーでの撮影(Mindo近く)。

何が違うか?英名に惑わされるとOrange、bellied とCrownedの特徴はない。全部黄色の頭。全体的にはThick-billed Euphonia:ハシブトスミレフウキンチョウが一番黄色。あと、頭の黄色の部分はOrange-bellied Euphonia:キバラスミレフウキンチョウが一番狭い(縦の方向)。

Orange-crowned Euphonia: キカムリスミレフウキンチョウ、英名通りの個体もいるようですが、今回のは和名のとおり。英名とは違い、腹の色は一番オレンジ色。頭の黄色はThick-billed Euphonia:ハシブトスミレフウキンチョウと同じような長さでOrange-bellied Euphonia:キバラスミレフウキンチョウより長い。

・・・・とコレで良いかな????

やはり良くなかった。Thick-billedは、喉まで黄色。これが、一番の識別点でした。