Ecuador探鳥記No24

ジャノメドリに出会った後は、その日の宿のEl Septimo paradias mindo に向かいました。ついたのは5時くらいだったでしょうか。すでに、撮影の条件としては悪かったのですが、少しだけハチドリフィーダーで撮影してみました。

ここにいたハチドリは、Booted Racket-Tail、Brown Violetear、Green-crowned Brilliant、Green-crowned Woodnymph、Purple-bibbed Whitetip
Purple-throated Woodstar、Rufous-tailed Hummingbird、Violet-tailed Sylph、White-whiskered Hermit(私が写真で確認したベース)で、殆どが紹介済のものですが、少し再紹介してみます。

Violet-tailed Sylph:ムラサキフタオハチ

暗いのでSSが上がりません。チョット、ピンが甘いような感じになってしまいます。

Booted Racket-Tail:ラケットハチドリ

縦にホバっていたので撮影してみましたが、羽がほとんど溶けてしまっている^^;

Purple-bibbed Whitetip:シロエンビハチドリ

全体を撮影したのですが、何故かピントが甘い、ここで最初に撮影したのでSSを確かめていなかったので、胴体ブレ。結局この顔だけの写真が一番まとも

Green-crowned Brilliant:ミドリボウシテリハチドリ

この鳥も2回目かな

Green-crowned Woodnymph:ミドリボウシモリハチドリ

White-whiskered Hermit

既に見ていたハチドリでしたが、このシリーズで紹介するのは初でした。

食後、別のホテルの庭にフクロウが出ているというので撮影にいきましたが、何か霧が出ていた感じでした。

Black-and-white Owl:シロクロヒナフクロウ