Ecuador探鳥記No38

silancheの塔の探鳥を終えて、宿に向かったのですが、その途中でチョットお茶。ということでフィーダー付きのレストランで休憩。

そこでは、Blue-black GrassquitやCinnamon Becardも現れたのですが、ブレ写真やガラスの中からの写真とかでなんともなりませんでした。少しだけ撮影できたのは、

Golden Tanager:キンイロフウキンチョウ

Silver-throated Tanager:ギンノドフウキンチョウ

あと、green throntailが出てきた程度でした。

午後は、少し山の方に登って探鳥しました。

Scaled Fruiteater:ウロコカザリドリ

カザリドリの1種なので、一応撮影は難しい鳥だったようです。

もう1種撮影していますが、どうしても同定できない(何なのか検討もつかない)のが1種います。

その後、
Crested Quetzal:カンムリカザリキヌバネドリ

頭が禿げていうような感じで、これ幼鳥でした。また、腹がわからの撮影が出来なかったのが残念です。禿ですが、僅かに毛が出ていてCrestedなのを伺わせます。また、目の色がGolden-headed Quetzalとは違うことがわかります。

成鳥もいたんですが、私の目に入って来なかったのが残念です。

その後、少し車を流して撮影したんですが

Bandtailed Pigeon:オビオバト

程度でした。これで6日目も終了です。