Chiltern 2日目朝

Chilternの2日目は前日にチェックした町の北側のポントにいきました。元はパドック?でワイナリーの跡とか?よくわかりませんが、私有地の為か鉄線だ囲まれて場所でした。囲まれてはいても確りした入り口もついていました。そこでは、地元のバーダーが来ていたのでRegent Honeyeaterを見ているか聞きました。でも見ていないような?
結局その場所はおもにRufous Wistler;アカハラモズヒタキと普通種のHoneyeater、などがいただけした(写真はそこで撮影したものとは限りません)。


ずっとそこにいても成果が上がらないと考えてその近くの森のTrackに入っていくことにしました。チョット坂を登っていくと、2種のモリツバメがいる木があったので、勇んで撮影。White-browed Woodswallow;マミジロモリツバメ    は沢山、群れでいました。


Masked Woodswallow:ホオグロモリツバメは1羽しかいませんでした。

そこに今回一番小型と思われるインコも飛んできました。モリツバメが群れていた木の実を食べに来たようでした。
小さなインコ、その名もlittle lorikeet :ヒメジャコウインコ

そこから、Trackを登って暫くいくと、小鳥の集まる場所にでました。
Red-Capped Robin:アカビタイサンショクヒタキ

が2番凄く近くで営巣していました。



あまりにも近くで営巣していたんで、♂同士が喧嘩をしていました。

今回はここまででとします。