Ciltern2日目午前の続き

 

Chilternの2日目朝の続きです。

Red-capped Robinの近くでは、小鳥が多くいました。何か来たなと思ってファインダーを覗くと、黄色の箇所があり、お~これは宝石鳥ではないの!で撮影できたのは、昨日とは別種のStriated Pardalote;キボシホウセキドリ

そのそばでは、キバシリも(既に紹介したのとは別種です。

White-throated Treecreeper;ノドジロキノボリ

でそこに、何か不自然なオーストリアムシクイがでてきました。何か地味なのでメスかな?でも顔がに青い部分があるけど。こんなの図鑑に載ってないけど。

Superb Fairy-wren;ルリオーストラリアムシクイの幼鳥なんでしょうね。

地面に出てきた鳥なんでツグミのような鳥かとおもったのですが、

Rufous Whistler;アカハラモズヒタキの♀でした。

近くにはHoneyeaterが出てきましたが。これも♀と幼鳥のようでよく分かりませんでしたが

whitethroated honeyeater ;ノドジロハチマキミツスイ

Blackchinned Honeyeaterノドグロハチマキミツスイも出てきましたが良い写真が全く撮影出来ませんでした。

ここでChiltern 午前の部は終了とします。