日光へ

24日に壮年の鳥友と山に行ってきました。
あいにくの小雨から霧雨でしたが、意外と鳥の出は悪くなかったかもしれません。

朝はそれでも出が悪く、ニュウナイスズメ、コガラ、アカゲラ程度でしたが、更にトレッキングを歩いていくとノビタキ、ホオアカに出会いました。その時に、イスカ50-60羽くらいの群れを発見。だけど、餌の木ではなかったので、30秒ほどで飛んで行ってしまいました。

ニュウナイスズメ(Russet Sparrow)

コガラ(Willow Tit)

アカゲラ(Great Spotted Woodpecker)

ノビタキ(common stonechat)

ホオアカ(Chestnut-eared bunting)

イスカ(Common Crossbill)

更に進むと、知り合いの大学生とその友人に出会いました。また、朝、駐車場で出会った若い男女3人のパーティーがその大学生と知り合いだと分かり、お互いターゲットが出たら連絡することになりました。これで、目が3倍に増えました。

木道を行ったり来たりして鳥を探しましたが、一旦トレッキングの分かれ道付近を探すと、マヒワ、アトリ、アオゲラなどが出てきました。

マヒワ(Eurasian Siskin)

こんな黄色のみたことなかったけど、遠くでピン甘でした。

これが黄色の個体だったら

アトリ(Brambling)

真っ黒な頭の夏羽個体でした。

アオゲラ(Japanese green woodpecker )

また、その付近にはキレンジャクが殆どの100羽程度の群れを見ましたが、写真撮影したけどボツ写真ばかりでした。

 

再度、トレッキングルートを歩くと、またレンジャクの群れに出会いました。その時も大きな群れでした。その中の数羽が高い松の樹から川辺の木の芽を食べに目線角度の降りてきてくれました。
加えて、川にコサメビタキとノビタキを発見しました。

キレンジャク(Bohemian Waxwing)

ノビタキ(common stonechat)—川で、止まった木が悪し

コサメビタキ(asian brown flycatcher)–コレも目の前の枝が

レンジャク撮影をしていると、大学生のM君から、ターゲットが出ているとの知らせが、その地点に急行しました。ナキイスカゲット!!群れではなく番で単独でいました。

ナキイスカ(Two-barred Crossbill)♂と♀

他には、ゴジュウカラも撮影しましたがキバシリ、カケスは見ただけで写真は撮影出来ずでした。

ゴジュウカラ(Eurasian nuthatch.)