Ohio州探鳥、初日ハイライト

個別に撮影した鳥を紹介しようと少し初めてしまっったが、面倒になったので、その日毎のハイライトとして紹介することにする。

初日の移動をグーグル・マップのタイムラインで拾うとこんな移動でした。

Kirkwoodが今回、初日から3日間の宿。そこらか移動し、池or沼のあるローカルな公園(Gilmore Ponds Preserve)での探鳥。午後は、地図ではオハイオ川沿いの公園(緑表示されている場所,Shawnee Lookout Park near Indiana and Kentucky states)での撮影になりました。なお、地図の北側がオハイオ州、南がケンタッキー州となりオハイオ川が境界線かな。

最初の公園で撮影した

Common Staring;ホシムクドリ・・・当然、移入種なんですが。あまり増えない方が良いと思われる種ですえね。

また、ここには既に紹介済のIndigo Bunting ,Palm Wabler もいました。Warblerとしては他に

Yellow Rumped Warbler(Myrtie)・・・飛び出しです。

オハイオ川近くにの公園での撮影。

2種のWablerと出会い。

Prairie Warbler;チャスジアメリカムシクイ

Yellow-breasted Chat;オオアメリカムシクイ・・・アリゾナでも見ているので広範囲に生息しているのでしょう。

草むらで素早く動く鳥がいましたが

White-eyed Vireo;メジロモズモドキ

もう1種Warbler、一番最後に行った場所で一番沢山みることができた鳥です。

American Redstar;ハゴロモムシクイ Redstarと名前が付くと綺麗な鳥というイメージなんですが、腕が悪いのか、まあ普通のムシクイ(体が黒いけど)

Wood Thrush;モリツグミ・・・広範に生息する中型ツグミなんですが、初見でした。

White-breasted Nuthatch;ムナジロゴジュウカラ・・・一番普通のゴジュウカラかな

Eastern Wood-Pewee;モリタイランチョウ・・westernはみていたけどEasternは初。どう違うのかは分かりませんが、生息地が違うので比較していません。

この日は、KenTuucky Wablerが出たけど、私は見ていません。他にもWarbler撮影していますが、写真が悪いので後日の紹介、やはりEastern Towheeも今後紹介とします。キツツキ2種も確認していますが同様です。

 

Japanese paradise flycatcher

2日前に、久しぶりに近所での探鳥ではなく、少しだけ遠出してきました。とは言っても県内ですが。

先週、巣作りをしているという情報だったので、まだ作成中なら、比較的楽に撮影できるだろうと思って行ったら、駐車場に車が少ない。何か不安を感じながら、森の中に入っていくと。巣の巣の近くに3人のカメラマンだけ。?聞いたら、巣は放棄した可能性が高いとのこと。

仕方ないので、水浴び場に行ってみるともう一人のカメラマン。少し話していると何か飛んできた。来た~と分かったので撮影したが、テレコン付けていたので、尾が切れてしまった。直ぐに飛んで行ってしまった。地元カメラマンがなら、少し奥で水浴びかもというので、そこに行ってみると。いた。

今度は、止まった場所悪く、顔が枝かぶり。何とか撮影できる場所を探して撮影すると、今度も尾が入らない。

そのご、昼近くにになって別の場所で巣作りを始めたとの情報。で、行ってみたら、メス単独での巣作り。♂は近くにいる気配はあるものの、撮影できる場所に来ない。近づくとメスがオスを追い払うので、オスが撮影できない。それでも2-3度何とか撮影のチャンスがあり、なんとかゲット。

メスだけで巣作りに励んでいた。

オスの写真はこんなものしか撮影出来ず、ほんと、この鳥とは相性が良くない。

Kamchatka Leaf Warbler

土曜日のMF。もう、渡りも終わりと思っていたら、Kご夫妻から、少し前にオオムシクイがいたよ。2羽いたというので、その近くに行ってみたが、別の方が声だけキャッチ。でも見つからず。

仕方ないので、海岸へ。コアジサシの様子と見にいってきた。でも特に、撮影したいシーンには出会えず。もう一度オオムシクイを探そうと、戻ってみたら、今度は今撮影してその辺りで鳴いていかもと言われた途端、鳴き声が。

今度は直ぐに見つかったが、木の高い場所ばかりにいるので暗い、速い、枝が被るの三重苦。でも、そこはEVF。ファインダーは明るく見える。ということで何とかゲット。以前の装備だったらもっと厳しかったと思う。

Kamchatka Leaf Warbler:オオムシクイ

英名のとおりカムチャッカ半島が繁殖地のようだ。

 

Palm warbler & Indigo bunting

5/4の最初の探鳥地で撮影した印象的な鳥を2種。

アメリカムシクイ狙いなので、初のWablerは嬉しかったです。ですが、このWabler は地味な方ではないでしょうか。

Palm warbler:ヤシムシクイ 直訳の名前^^;ですね。。。。繁殖地はカナダ側なので渡りの途中ですね。

Indigo bunting:ルリノジコ テキサスで撮影している鳥ですが、その時は暗い場所でノイズが多かったのでまともに撮影できてよかった鳥です。USAの南北の東側の留鳥のようです。