Ohio 探鳥最終編 ハイライト

5/9最終日の記録です。ドライブの記録は以下の通り。朝、Magee Marshのある公園近く(同一の公園かも?)オタワ自然保護区でシギチの観察後、シロフクロウを撮影、最後に宿近くのEast Harbor State Parkに行って、クリーブランドのハンプトンインまでロングドライブでチェックインし、ガイドと最後のディナー。

早朝のシギチの紹介から

Trumpeter Swan:ナキハクチョウ

そのインビテーショナルセンターでは、バードフェスのグッズを売っていていたので、ガイドが連れて行ってきました。ガイドとしては、地元に少しでも貢献してねといったとこかな。

そこには、こんな燕の巣がありました。まあ写真にはならないけど記録ですね。

Greater Yellowlegs:オオキアシシギ

Lesser Yellowlegs:コキアシシギ

他には、Dunlin:ハマシギやLeast Sandpiper:アメリカヒバリシギやBlack-winged Stilt:アメリカセイタカシギが。他にも

Semipalmated Plover:ミズカキチドリが数羽。渡りの途中で

その後、2種のカイツブリを撮影して、また近くの場所でアメリカムシクイを探しました。

Cape May Warbler:ホオアカアメリカムシクイ

Black-throated Blue Warbler:ノドグロルリアメリカムシクイ

Northern Parula:アサギアメリカムシクイ

そして最後のアメリカムシクイとなった

Hooded Warbler :クロズキンアメリカムシクイ

このムシクイの撮影は苦労した、たまたまだけど、枝被りの場所ばかりに出てきて、やっとこMFで撮影できた。

Snowy Owl:シロフクロウ

本当にこんな時期にいるのと思ったけど、ここだけではなく2日後のカナダでもみました。農場にいたのですが、その持ち主がそこの庭に20分だけという条件でバーダーの車の停車を許していました。

最後にチェックアウトの後East Harbor State Parkに行っての探鳥。

Brown Thrashers:チャイロツグミモドキ

White-crowned Sparrow:ミヤマシトド

クリーブランドまで2時間かかるので、4時くらいで今回の探鳥は終了となりました。