Collpas Tambopatas Inn へ移動

ガイドの記録によれば下記のとおりであるが、小型インコのClay lickへの探鳥がもれているものと思われる(BLOGは記録で書いているので。一応記載しておきます)

October 16th. – Today we transfer by boat to Collpas Tambopata Inn Lodge, Up along the rio Tambopata. Overnight at Collpas Tambopatas Inn

Collpas Tambopata Inn Lodgeへのボートでの移動時間は2時間程度かかったように記憶している。当初の予定では、6日間Explorer’s Innで後3日間がCollpas Tambopata Inn Lodgeであったがこれだと最終日、相当早い時間に起きないとフライトに間に合わないのでガイドが変更したようだ。

さてそのボートでの移動時間では数種の鳥を撮影することができた。

Capped Heron (アオツラサギ)・・・・・初日にみえいるが何故かピントが甘い写真ばかりであったのでこの日撮影できて良かった。

Drab Water-Tyrant (スナイロヒタキタイランチョウ)

Yellow-browed Sparrow(キマユヒメドリ)

その近くにいたインコでですが識別には自信ありません

cobalt-winged parakeet (アマゾンミドリインコ)

上空には

Turkey Vulture (ヒメコンドル)が飛んでいた。ガイドによればアマゾンの種は他の地域と異なり特徴があり別種となる可能性ありとのことであった。・・写真は逆光で上手くない(^^;

これも上空に、でも遠かったし(^^;

Black Hawk-Eagle(クロクマタカ)

ヨタカもいました。中洲のような場所にいました。必ずそこにいるようです。

Ladder-tailed Nightjar (マタオヨタカ)

white-winged swallow(ハジロミドリツバメ)・・他にもいたけだAFが合っていなった。

小型インコのClay Lick 2

小型インコのClay Lickについては紹介しましたが、壁に止まって土壁を食べる前にその近くに止まって様子をみています。食べる時は無防備になるので様子を伺っているのかもしれません。私の勝手な憶測です。

土壁を食べるのは、必須のミネラル補給の為です。

個別のインコでは、chestnut-fronted macaw は紹介済みですのでそれ以外の鳥を。また、大型のMacawについてはClay Lickなどでも紹介予定ですのでここでは省略とします。

まづ、ここで一番よく出てきたインコです。

yellow-crowned amazon (キビタイボウシインコ)

Orange-cheeked Parrot (キンホオインコ)

White-bellied Parrot (シロハラインコ)

Blue-Headed Parrot(アケボノインコ)

Mealy Parrot (ムジボウシインコ)

 

小型インコのClay Lick

Oxbow Lakeの翌朝は、朝早くから小型インコのClay Lickに行ってきました。ここは常設ハイドからなので比較的近くから撮影できました。

取り敢えず、壁に止まっている場面だけを4カットほど紹介しておきます。

次回以降個別のインコを紹介します。