MacawのClay lick

Collpas Tambopata Inn Lodgeで最初の朝(10/17)はMacaw Clay Lick(コンゴウインコが集まる土壁)に早朝から行きました。

現地は、Tambopata National Park(公園内)なんで、公園の事務所に入園の届け出が必要でした(でも、ボートなんでどうやって管理してるかは謎)

写真は早朝、ボートを相当なスピードで運転するスタッフを撮影したもので、SSを1/2くらいにしてスピード感を出そうと思ったけど上手く行かなかった失敗作。

ボートは、宿泊客の乗り合いでした。ここのClay lickは遠くから観察するので相当な人数が入っても問題ない場所でした。

上空をコンゴウインコの数羽が群れになって飛びかっていました。

Blue-and-yellow Macaw (ルリコンゴウインコ)

Blue-headed Macaw (ヤマヒメコンゴウインコ)

このコンゴウインコはやや小型で、この一回しか飛んできませんでした。撮影できていてよかった。

Scarlet Macaw(アカコンゴウインコまたは単にコンゴウインコ)

最初は壁には止まらずに、飛んでいて時間がくると?安全を確認できたら壁に降りてきました。

ここのClay lickには、Red-and green Macaw、Scarlet Macaw、Blue-and-yellow Macawの三種の大型コンゴウインコが集まってきていました。