NIKONの556 三脚座交換

今回は、部品のブログです。

戸隠で、カメラが脱落したのは、レンズの三脚座が途中から外れたからで、プレートの緩みでは無かった。
NIKONの三脚座の構造がどうも怪しい。

2度とこんな事が起こらないように三脚座を交換しようかと、amazon他を見てみたら、Wimberleyとマーキンスのプレートがあったが12千円以上。
 ちょと高い?と思って、海外を見ると、Wimberleyのが59ドルで売っていて輸入しても77ドル。
 一昨日、ポチッから10日で届いた。
以下の写真の通り。少しオリジナルより大きく手持ち撮影にも向いていそう。
 また、三脚座そのものが、アルカスイス互換プレートになっているので、これでプレートも不要。
 アルカスイス互換の雲台も、ユニボールとマーキンスの雲台を持ってるので、買い足す必要無い。
 オリンパスの2本のレンズもアルカスイス互換なんで、私には使い勝手がよい。
 あとは、耐久性とネジが緩むかどうか?此れは、時間との勝負ですね。

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)