サンコウチョウ;Japanese Paradise Flycatcher

少し前の写真なんですが、もう雛も巣立ったころと思われるので、掲載としました。今年は、彼方此方で人為的または自然の災いがあり、上手く巣立ったサンコウチョウがすくないようだったので希少な価値がありました。

少し巣は遠かったのですが、サンコウチョウのことを思えば程度な距離だったかもしれません。それでも撮影中は、カメラマンの方を気にしているような仕草を見せていました。

ここのサンコウチョウの♂は何か2羽いて、代る代る餌運びをしていたような?営巣に失敗した♂がヘルパーのようになっていたのでしょうか?(推測ですが、尾の長さが明らかに違った印象でした)。

アジアには、サンコウチョウが2種類。JapaneseとAsian(ただのサンコウチョウとカワリサンコウチョウ)。Japaneseの方がレアなんです。そんな意味でも、大切にしたい野鳥です。

♀も

 

 

 

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)