Costa Rica 探鳥2日目 その4

 La Selva biological Stationの午後のトレイルの部は、別のルートを。まず吊り橋を渡る。するとその吊り橋の下に、AnhingaBare-throated tiger-Heron
でも、吊り橋からの角度が悪いし、手すりがあったので、撮影が難しかった。

橋を渡ると、野生の豚のような動物が、これTexasでもみたような。探鳥記なので写真はパス。
そこから森の中に入ると直ぐに、Crested Guanが、
その後、Black-mandibled Toucanが出ていたけど頭上、90度。完璧な腹打ちショットでしたので、写真は撮影しだけど顔がみえない写真でした。
次に出てきたのは、猛禽。Hoock-billed Kiteでしたが、枝の中とか、後ろ向きで頭がほとんど見えないポーズとか、難儀なやつでした。でも、Hoock-billedというのが良く分かります。
しかし、コスタリカってもっと簡単に多くの鳥が出てくるのかなと思っていたが、そうではないようだ。それに、かなり熱いし、へたばってしまうと思っているころ出てきたのが、 Black-crowned Antshrike 
地味な鳥だが素敵な鳥だ。その次には、Black throated Trogon♀がでてきたが、午前中撮影済だし、という事で証拠写真。
かなり疲れてきたが、見たかった鳥が出てきた。別のMotomot
 Rofous Motmot、近かったけど、光がもう少し良かったらもっと良かったのに。

その近くには、午前中に撮影した、Broad-billed Motmot。よく見たら2羽いるでも、なんか変?1羽は尾が擦り切れていた。
その後、現地ガイドが一生懸命に、鳥の声を流しながらしつこくTRYしていた。ついに声が聞こえ、鳥の動きも見えたのだけど、抜ける場所がほとんどなく光の状態が悪い。何とか撮影できたかなと思ったが失敗。動体ブレ連発。設定を間違えたた。もっと高ISOにすべきであった。今更遅いが
Pueple-throated Fruitcrow
ここで、トレイルを戻ることに。戻りながら出てきたのがGreat Tinamou。これは難しい鳥か?
最後にでてきたのが、ここのシンボルとなっている鳥Great Currassow
でも、クリークに掛かった橋の手すりの向こう側(泣き
この鳥も、食用にされた歴史があるとかで、Shyだとか。どこでも、よく聞く話だ。ヘトヘトになって、レストランに戻って来た。この日が今回のコスタリカ探鳥で一番歩いた日であった。
これにて2日目が終了した。
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)