Costa Rica 探鳥最終日 No1

いよいよ最終日になりました。その日の朝は、Cerro Lodgeのレストラン脇で撮影しました。Red Macow が出てくることがおおいそうなんでそれを狙ったのですが、その日は、運悪くでてきませんでした。
かなりな確度ででるという訳でもなので、こればかりは仕方ないですね。
朝食まで、そこで撮影したので、今回はそれらの鳥を紹介します。

Cerro Lodgeでの撮影

Lodgeの撮影場所はrestaurantの横、レストランはこんな感じでした。
五時過ぎくらいだと、まだ暗いので高ISOを使わないと止まらないのですよね。
そんな中、出てきたのが

Rufous-naped Wren

営巣していたようで、何度も彼方此方にでてきました。

Hoffman’s Woodpecker


その時、遠くの木に小鳥が数羽止まっているのが見えたのですが、どんな鳥なのか全くわかりませんでした。ガイドは

Red-eyed Vireo

がいるというのですが、わからん。

あとで写真をみたら、中心でない場所に写ってました。なので、フォーカスが確り合っていませんでした。

その近くにいたのが、

Variable Seedeater


地味な鳥です。これは、♂でPacific Raceで、Caribian Raceは、真っ黒なんです。

Yellow-crowned Euphonia


近くに出てきた鳥もいました。

Torquoise-browed Motmot


彼方此方に登場で、フレンドリーでした。


Tropical Pewee


Cinnamon Hummingbird

ガイドがいると言ったので、追っかけたんですが、逆光でこの1枚でけしか残っていませんでした。なんんとかシナモンの色が出ているでしょうが。

その上空をインコの群れがとんでいくんですが、これが、なかなか難しい

Yellow-naped Parrot


遠かったけど

Red-Lored Parrot


これで、早朝の撮影を終了し、朝食後のタルコレス川のクルーズに向かいました。本編はここまでです。

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)