Costa Rica 探鳥 最終日・最終

Cerro Lodge近くで

タルコレス川でのクルーズを終えて昼食とチェックアウトの為に、ロッジに戻りましたが、ロッジ手前で、ガイドがロッジを通り越した場所に名前忘れたけど鳥がいるので撮影するかと聞いたので(確かアメリカのケリだと思ったが)、行くことに。

しかし、その鳥はいませんでした。ケリだったはづですので、牧草地でした。環境的には、いても不思議はない環境。

それでも、2種の鳥がいました。

White-throated Magpie-Jay

図鑑を見たときに、頭の飾り羽が印象的で、これも見てみたいなと思った鳥なんですが、嬉しかったというよりこのカケスにはその大きさに(@_@)でした。カケスは大型の小鳥という印象。でもアメリカのは更に大きいという印象。だけど、この鳥、オオタカくらい(48㎝)。

Eastern Medowlark

まあ、雲雀(日本のと同じではないと思うけど)なんで普通種でしょう。これも、名前から想像するよりも大きいし派手。

 

昼食を摂って、チェックアウトしてCarara N.Pに行くことになってました。バゲージは、ロッジに預けて戻る予定で撮影機材だけをもってでかけました。すると、直ぐにガイドが車を止めました。メインロードへの接続道のすぐ横の木に、こんな素敵な鳥がいました。

Gartered Trogon

Carara National Park

 

駐車場について、トランクの中にズームレンズのセットを置いていこうとしたら、ガイドがそれは危険ということで、スペアタイアの中に隠しました。

中米では治安の良いコスタリカとはいえ、日本と違うので気をつけねばということを感じました。

その公園では、1時間強しか時間がなかったので、あまり撮影できませんでした。時間帯により、水場には、マイコドリがくるようです。今回はその時間がありませんでした。もう少し、ここで探鳥したかった。

Scarlet Macaw

動物園などで見かける鳥を野生でみるのも海外探鳥の醍醐味ですよね。それにしても、このインコは、騒々しい声でないていました。とはいえ、撮影できる場所に出てくるとは限らないので撮影できてよかった。

Orange-chinned Parakeet

高い木の上にいたうえに、小さい鳥(18cm)だったので超証拠写真でした。

Barred Antshrike

なかなか、渋いというか粋な感じの鳥。

これが、コスタリカの最後の鳥になりました。

いままで、鳥以外は紹介しなかったのですが、コスタリカで最後に望遠レンズで撮影した動物を紹介しておきます。

White-nosed Coati

 

このあと、ロッジに戻り、シャワーを貸して頂き、サンホセに向かいました。途中で今回唯一ではないかと思われる高速(有料)道路のような道を走りました。

サンホセで夕食をガイドと共にして、空港まで送ってもらいましたが、空港では一杯時間があまってました。

なにしろ、翌日の午前1時30分発でしたので。

開いていたのが、このCafeだけ。ガラガラの状態でした。帰国もヒューストン経由で、順調なフライトで時間通りに帰国しました。

これにて、Costa Rica 探鳥記はやっと終了です。長い間ありがとうございました。

最後にこの探鳥をセットしていただいたコモリさんありがとうございました。

Share on Facebook

“Costa Rica 探鳥 最終日・最終” への 2 件のフィードバック

  1. お疲れ様でした。
    コスタリカは南米の入り口という感じなので、南米にまた行きましょう!!

    1. コモリ さん 

       ありがとうございました。
      南米は、もっとdeepなんでしょうね。
      また宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)