TankokoからTomohonへの移動日No1

スラヴェシの4日目TankokoからTomohonへの移動日ですが、午前中は、Tankoko近くの山で撮影に行きました。沢山の種類の鳥(鳩とインコ)が出てくる凄く良い場所です。

但し、殆ど、鳥との距離が遠いので、スコープが必要な距離でした。こんなに遠いとは思っていなかったのでテレコン持っていかなかったのです。さらに、フルサイズのカメラだったので鳥が遠いと辛かった。

その写真もインコの同定が苦戦。
なので、鳩を中心に紹介します。

その地に着いて直ぐにGrosbeak Starling(シュウダンムクドリ)の群れを見ました。名前がシュウダンなので、集団なんでしょうね。

Grosbeak Starling(シュウダンムクドリ)

その後、鳩は、White-bellied Imperial Pigeon(シロハラオビオバト)、green imperial pigeon(ミカドバト)、White-faced Cuckoo-Dove(シロガオシャコバト)が出てきました。
green imperial pigeon(ミカドバト)は、まあそれ程遠くはなかったのですが、他2種は本当に超トリミングで、証拠写真程度でした。

White-bellied Imperial Pigeon(シロハラオビオバト)

green imperial pigeon(ミカドバト)

White-faced Cuckoo-Dove(シロガオシャコバト)


他には、図鑑の表紙を飾っている鳥の1つなんですがWhite-necked Myna(カササギムクドリ)が遠くに出てきました。これは、撮影したい鳥だったんですが、あまりにも遠かったです。

White-necked Myna(カササギムクドリ)

本当にこれは、もっと近くで撮影したかった。というか、ここで出た鳩・インコなど全てもっと近かったたらいいのにな~。

Facebook にシェア

“TankokoからTomohonへの移動日No1” への 2 件のフィードバック

  1. ここは、見晴らし良くて、遠くに、鳩とかがたくさん見える場所?
    私の時もフルーツダブの種類がたくさん見えたのですが、遠くて写真にならずでした・・・

    1. コモリ さん

       多分、同じ尾根だと思います。鳩・インコの出現数は多いのですが、撮影には鳥との距離が遠すぎですね。
      スコープや双眼鏡で観察するにはいい場所だと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)