遂に最終日

ハルマヘラ・スラウェシ島での探鳥も最終日となった。

私とK君はこの日で最終日、他の二人はサンヘギ・タラウドへまだ10間の探鳥ということでこの日は早朝から別れることになり、私達は前日と同じくマハウ山へ。

ただ、GuideのTheoではなくその弟子がやってきた。曰く「貧乏なので双眼鏡ないけど大丈夫」というので、なんかな~と思い、ついつい「じゃ、これプレゼントするよ」と言ってしまい、Kowaの双眼鏡を渡してしまった。まあ、ストラップが悪くなっていたので買い換えようと思っていたし、確か8千円程度のものだったのでよいのですが。Baliのベストに続いて2回目(汗

Sultan’s Cuckoo-Dove(オナガバト?)

既に紹介済だけど、Splitされているようで和名は?

これも紹介済だけど少し綺麗に撮影できたので

island verditer flycatcher

これも和名わからんな~

sulphur vented  whistler(セレベスヤマモズモドキ)

これ少し森に入っての撮影でした。

Yellow-sided Flowerpecker(セレベスハナドリ)

Citrine Canary-flycatcher(カナリアヒタキ)

grey-headed canaryflycatcher は撮影したことあるけど、別種

Superb Fruit Dove(クロオビヒメアオバト)

この鳩はSuperb=素晴らしいなんで、綺麗でしたが、ちょっと暗かったのが残念です。

他には、後に、Mountain White-eyeとRusty-breasted Cuckooが出てきたが、これはパス

これで、早朝の撮影を終了し小さな池に行こうということで。そこには

Sunda Teal(インドネシアコガモ)

ここには他にWandering Whistling Duck、Javan Pond Heron、Purple Heronなどがいました。また、池の周りには、撮り漏らしたGrey-sided Flowerpeckerがいたんですが、顔が写っていない(泣)

まあ、ここは池の側にCafeがあってコーヒーを飲みながらユックリしました。風光明媚な場所でした。

その後Javan Pond Heron(ジャワアカガシラサギ)をK君が近くで撮影したいというので田園地帯に。

しかし、見つからない。普通種だと思うのですが。まあ、私にはこれも撮り漏らした

White-browed Crake(マミジロクイナ)

を撮影できたので良かったのですが。

けどこの時ズームを100mmに合わせていて失敗した。

他にはCinnamon Bitternが(これは草被り)くらい。

昼食も食べないとということでManadoへ。

以前Feather collecter さんがManado近くににJavan Sparrow(ブンチョウ)がいるという情報を貰っていたので、これを探しに行きました。Manado市と空港間は意外に距離があって時間がかかり、ガイドが感でブンチョウがいそうな空港近くの草むらに付近についたのが4時前後で、少しその辺りを探索しやっとみつけました。

Javan Sparrow(ブンチョウ)

やっと見つけたブンチョウなんですが、ブンチョウの本来の生息地はJava,Baliということでスラウェシは移入種とのことです。まあ、図鑑には掲載されているのですが

ブンチョウの撮影を終えると4時半過ぎ、フライトは6時20分ということで空港に直行しました。

ジャカルタとは時差2時間あるので、ジャカルタ到着が8時40分?、ホテルに着いて夕食、就寝10時過ぎ。翌朝3時に起きて朝食、4時のシャトルバスで空港に6時15分発の成田行きに(最後はバタバタ)。睡眠不足だったけど、飛行機内で寝れば良い!

だけど、私は飛行機では眠れない性分なんですね。でクタクタになって帰宅。これで今回の9/10-9/22のハルマヘラ・スラウェシの探鳥は終了です。

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)