キジのポイントで惨敗だけど

次にキジのポイントでブラインドを張って撮影しました。そこには既に2張のブラインドがあった。なので、もしその日の午後にキジを見るならその時間から我々もブラインドを張って入らないといけない。結局3時前からブラインドを張ったけど結局出てきませんでした。
でも、ブラインド効果でいろんな小鳥がでてきました。
Rusty-cheeked Scimitar-Babbler
和名;ホオアカマルハシ マルハシなので少し大型の鳥なんです。ブラインド効果で結構近くの寄ってきました。
 
Gray Bushchat
和名;ヤマザキヒタキ。前回何度もみたと書いたけどここでも何度も登場しました。

 
Chestnut-bellied Rock-Thrush
和名;カオグロイソヒヨドリ。山の中でもイソヒヨドリってこれいかに。なんちゃって。でも英名みるとRock-Thrush。日本じゃ磯にいるけど、別にそんなわけじゃないんです。
 この鳥の♀って地味いい鳥でしょうか。マミジロの♀に似ている?
 
 
Tickell’s Leaf Warbler
 

 和名;キバラムシクイ。これが、惜しいことにいい写真が撮影できなかった。

 

Slatybacked Flycatcherll’s ♀
 

 和名;セアオビタキ。この系統のヒタキの♀は区別が難しい。

 
Rufous-gorgeted Flycatcher 
 
和名;ノドグロヒタキ 逆光でノドグロというのはわかるのですが、英名のRufousの色が出ていない不完全な写真で、駄目なんですね。
 
 
Gray-backed Shrike
 
和名;チベットモズ
 
これは、なんで前回Doi Inthanon で見たモスです。前回の方が背景が良かったですね。
 
キジは惨敗だったけど、小鳥はブラインド効果もあってかマズマズだったのではないでしょうか。
ということで、キジは翌朝に持ち越しでした。
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)