Whiskered pitta 探鳥旅行

4月2日の日曜日Whiskered Pitta photo tour 参加者求むがFacebookで友達になっている(知ってるだけだけど)フィリピンのガイドが投稿していたのを発見。例年だと7月中旬なんだけど?と思いながら参加ではなく、検討をポチとするとガイドから更にインフォメーションがきた。

Whiskered Pitta(ルソンヤイロチョウ)撮影に行きたいと言っていたK君に連絡すると、時期が変だけどいま出ていることが確からなら行きましょうと直ぐに返事が。

そんなこんなで、その日のうちに予約して手続きを始め現地4/14-4/16のガイドを予約してあっという間に探鳥地に。

空港でガイドと出会い、その日程はフィリピンのGWような日なので渋滞を避け、深夜に移動でした。

初日・2日は、BK・Valleyという場所での探鳥で、いきなりWhiskered Pitta撮影に向かいました。これが850mの標高から1400mまでの山登り。ポーター付きではあっても、60才半ばの私には超厳しい山登りになりました。

行くともう出てる。エ・エ—-マジ ハイドにも入らない。撮影は極めてイージーで、鳥は超フレンドーでした。

こんなの、餌付いていたのでこんなイージーだったのでしょうが。本当はとてもshyで枝かぶりでも撮影できればそれでも良いという鳥なんでしょう。

餌付いていても、ここ4年間、ちゃんと営巣し子育てもできている。これで餌付けは害になるという団体の言い分は全くわからん。

まあ、そんな餌付けの鳥写真は意味ないでしょうというのは価値観の相違でそれはそういう考え方もあることは肯定しますが。

 

Share on Facebook

“Whiskered pitta 探鳥旅行” への 2 件のフィードバック

  1. かなり近そうですね。しかも2羽も・・・緑が背景で写真も綺麗!
    でも、きつかったということ。山登りはてんでダメな私には無理っぽいなぁ・・・。

    1. コモリ さん

       鳥は手乗りブンチョウ状態でした。
      山登りはポーター付きですが、相当にハードです。次の投稿に記載してますが、850mから9数十mまで車、そこから
      標高1450mまで自力で登ります。ストックも持っていきました(ロッジに2-3本置いてありましたが)。
      片道1時間30分ほどの行程です。暑くはありません、気温は低いです。なので、ユックリ登ってくれと言えばなんとかなるかとは
      思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)