Ecuador探鳥記No22

ハチドリフィーダーの後は、ガイドが橋の近辺で車を止めて、川や川の岸をしきりに探していて、凄く遠い場所の鳥を指し示すが全く遠すぎで写真にならない。

近くで撮影できたのはBlack Phoebe:クロツキヒメハエトリ

そのうちに川の上流の方からヤット近くにとんできました。

Torrent Tyrannulet:カトリタイランチョウ

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)