ミナミヤイロチョウ(blue-winged pitta)

今回の最後に紹介する鳥はミナミヤイロチョウ(blue-winged pitta)です。日本のヤイロチョウそっくりさんです。

まず、木に止まっていました。赤褌もしっかりあります。

近くの地面に降りたのですが

なんか巣を掘っていたので、ガイドの指示で2ショットで止めました。

撮影出来なかったクロハラシマヤイロチョウは次回の楽しみとしておきましょう。

本当にいくのかな(~_~;)

Facebook にシェア

“ミナミヤイロチョウ(blue-winged pitta)” への 2 件のフィードバック

  1. いいな〜
    国内だけでなく、あちこちに行かれてるんですね。
    東南アジアとか、インド方面だとカラフルな鳥も多いですよね。

    国内のヤイロチョウって、四万十川上流の保護地しかしりませんでしたが、宮崎にも来るそうですね。
    御池でしたっけ?  ヤマヒルが多いとか。。。

    1. monakaさん コメントありがとうございます。

      海外は行っているんですが、国内は関東近圏しかいっていません
      (゚∀゚ ;)タラー
      ライファーを追っていないので、派手な鳥を求めて海外に行って
      しまいます。

      2-4人で現地ガイドを雇えば、安く行けますよ。
      私はいつも一人なんですが(;^ω^)
      カラフルな鳥が好きだとハマッテしまいます。
      —-タイ、マレーシアがお勧めです。
      また、冬にまだ行っていない中北部のタイに行こうか?インドネシア
      の離島にいこうか?今から計画を考えています。

      日本のヤイロチョウ–見てみたいですね。日本では難しそうですので、
      いつか台湾に行ってみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)