Ecuador探鳥記No57

宿泊地の San Isidro’s lodge で朝食後の探鳥の続きです。

オニキバシリのポイントから別のポイントへ

grey-capped flycatcher:ハイボウシヒラハシハエトリ

Golden-crowned Flycatcherじゃないと思うけど・・・・分からん。

Blue-winged Mountain-Tanager:アオバネヤマフウキンチョウ

こんな場所だとやはり良い写真になりません。また、blackish peweeかsmork-colord pewee と思われる鳥が。逆光で酷すぎる写真しかありません。

ふと気づくとそこは宿の前でした。

Rufous-breasted Flycatcher:チャムネハエトリ

何度もチャンスがあったのにピントが合っていたのはこの1枚って下手過ぎでした。

Cinnamon Flycatcher:ニッケイハエトリ

Star-chested Treerunner:ムナボシヒゲオカマドドリ

なんでこの時ピントが前の枝に来てしまったのか!!

それから、少し遠くの峠に行ったけど、カケスがいたけど直ぐに行ってしまい、凄い霧なので別の場所で!しかし何もいない。こんな場所でした。

その近くの林に入ると、

Pacific Tuftedcheek :キホオカマドドリ

やはりキバシリのような鳥がいたけど全く歯が立たない。撮影できたのはこの1シーン

その場所はTorrent Duckを撮影した場所を通り過ぎていくので、もう一度トライしたいとガイドに言ったら、昼食後、チェックアウト後空港の向かう時に行きました。でも、ガイドが言うとおり時間が悪い。

Spotted Sandpiper:アメリカイソシギ

が遠くにいました。

後は、空港に戻りながらの探鳥で長かった探鳥も終了となりました。

 

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*