Western Treatment Plant No1

ウォドンガの町の宿で2泊後、早朝にWestern Treatment Plant (メルボルンの西汚水処理場)で探鳥しました。

ここに入るには、道路のあちこちにある門の鍵を借りてくる必要があります。それには、別の場所にある動物園のインフォメーションに行く必要があります。その営業時間が平日の8時半?だったので、それまでその近くの公園で探鳥にしましたが、全くの期待外れでした。

そのインフォでは、毒蛇がいるから気をつけてとか、ガスが出たらとか、緊急連絡は、あと鍵の返却時間とかの注意がありました。それに加えて、場所の地図、バードリストなどの書類をいただきました。

想像以上に広大な敷地なんで半日で済まそうと思っていたのですが、1日掛けても足りないほどでした。英語ですがこんなバードヲッチングのサイトがありました

施設の地図を載せておきます。

見ての通り、水鳥主体の探鳥となりますが生憎の雲空で水鳥の写真はイマイチでした。

水鳥以外にも撮影していますので、今回は猛禽を紹介しておきます。

Black-shouldered Kite;オーストラリアカタグロトビ

私的には好きな鳥なんで4枚紹介しておきます。

Swamp Harrier;ミナミチュウヒ

Brown Falcon;チャイロハヤブサ 既に難度も紹介していますがここにもいました。

猛禽ではないけど、百羽くらい群れでいました。

Whiskered Tern;クロハラアジサシ

 

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*