Ohio探鳥2日目 ハイライト

5月5日の探鳥は、下記のライムラインのように巡りました。

こんな地図では、全くわからないけど、ガイドによれば「Spring Valley Wildlife

Area」という沼沿いに歩くトレイルでの探鳥でした。

ここは、水辺にアメリカムシクイが出てきて、バックが抜ける場所が多いのでなかなか良い場所でした。

Myrtle warbler:キヅタアメリカムシクイ。Yellow-rumped WarblerはIOCの分類により正式にMyrtelとAudibon に別れたようです。

American Yellow Warbler:キイロアメリカムシクイ IOCの分類では、ジャングルに住む留鳥の Yellow Warblerとは別種扱いとなり、この英名となったようです。因みに、留鳥の方はMangrove Warbler となったようです。

Prothonotary Warbler:オウゴンアメリカムシクイ

他には、Palm Warbler ,Blackpoll Warblerを撮影することができました。また、キツツキも

Red-headed Woodpecker:ズアカキツツキ

Pileated Woodpecker:エボシクマゲラ

Blue-winged Teal(ミカヅキシマアジ)が飛んだけど、後ろから1枚のみピンが合っていただけ。またやってしまった。

その後、湖がある場所でランチ、そこででてきたのが、Ring billed Gull(クロワカモメ)

Bonaparte’s Gull:ボナパルトカモメ

越冬地ではなく、渡りの途中のようでしたが幼鳥ですね。

そこから、Sharon Woods Parkという場所に。そこで、最後に行ったGeorge Trail(渓谷沿いのトレイル)の吊り橋付近で新たなWarblerなどに出会いました。

Louisiana Waterthrush:ミナミミズツグミ

Scarlet Tanager:アカフウキンチョウ

Black-and-white Warblers:シロクロアメリカムシクイ

Eastern phoebe:ツキヒメハエトリ

 

 

 

 

 

 

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*