Ohio 探鳥5日目 ハイライト(前編)

5/8は、アメリカ中のトリキチが集まるMagee Marshのボードウォークに早朝からいきました。その後、ヒガシアメリカオオコノハズクを探しにマウミーベイ州立公園。ということで、当日の移動は、タイムラインでは下記のようになりました。

このMageeMarshでは、全米のバードフェスティバルをやっていて、人出が2千人以上となっていました。ボードウォークの入り口と、駐車場の様子です。

さすがに、バードフェスをやっている場所なんで、まさに渡りの鳥の最盛期と重なっていて、結構な種類のアメリカムシクイの」撮影することができました。

そこには、ムシクイだけでなく、Bald Eagel:ハクトウワシが営巣していました。今回、確り見たかった鳥なので嬉しかったです。

ここからは、ボードウォークでの撮影です。今まで紹介していないムシクイを優先で。

Tennessee Warblert:マミジロアメリカムシク

Nashville Warbler:ズアカアメリカムシクイ

Chestnut-sided Warbler:ワキチャアメリカムシクイ

Cerulean Warbler:ミズイロアメリカムシクイ

Bay-breasted Warbler:クリイロアメリカムシクイ

なんか、これはツグミのようなんですが、Warblerということになっているんですね。

Northern Waterthrush:キタミズツグミ

この方が、Warblerに近いようです。キクイタダキなのに、頭の黄色がイマイチでていないようですね。

Golden-crowned Kinglet:アメリカキクイタダキ

もっと探すのが難しいかと思っていましたが、いったら既に皆さんが撮影していたので楽して撮影させていただきました。

American Woodcock:アメリカヤマシギ

他にもいろいろ撮影していますがこれで、ボードウォークでの撮影を終了して後編に持ち越しとします。

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)