アリススプリング三日目(シリーズ再開)

メルボルン-アリススプリングの探鳥記を途中で止めてしまったので、再開して3回くらいで終了しようと思っています。

アリススプリングでの3日目は、早朝から「Ormiston Gorge」まで片道136kmのドライブでした。その後、Glen Helen Homestead lodgeに行ってみたけど、ここは全く駄目なポイントでした。でも、高かったけどここで、ガソリンを入れたので、まあ、安心を買ったポイントだったということでしょう。3日目全体のドライブは以下のマップの通りですが、この日も結構走りました。

で最初の「Ormiston Gorge」では、水場に行ってみたけど、ヒジリショウビン、ハチクイなどの普通種をまず撮影したけど、なんかイマイチでしたので、その公園にあるあまり高低差のないトレイルを歩いてみました。


いずれも普通種でしたが、初見の鳥が数種いました。

Australian Ringneck:コダイマキエインコ

Spiny-cheeked Honeyeater:ケミミミツスイ

Spinifex Pigeon:ショウキバト


このハトは、簡単にはみられないハトだとは思うのですが、この場所ではキャンパーの食べ残しとか、パンくずのような餌を目当てに居着いているので、かなりフレンドリーでした。
Diamond Dove:ウスユキバト


他の場所では、わんさかいるのを見たので、居るとこには沢山いるハトだと思います。
Peaceful Dove:オーストラリアチョウショウバトも何故か普通種なのにいままで撮影できていなかったハト(東南アジアとは別種扱いです)もいました。
他にはHooded Orioleもいましたが紹介済です。

Elley Creek Big Hole


小さな池のあるポイントで、あまり綺麗な水とはおもわれないけど、現地の人は水浴びを楽しんでました。
やはり、水があるので、鳥もあつまるのでしょうね。

Striated Pardalote:キボシホウセキドリ

Weebill:コバシムシクイ

whiteplumed honeyeater:ミミジロコバシミツスイ

他にはZebra FinchとかGrey Tealのいましたが、写真の同定できない見落としもあるような(^^;

この日も日中は40度以上の猛暑なので、3時くらいまでシエスタ。そこから
emu-wren point( 南に91.4km)に行きました。

Rufous-crowned Emu-wren:ズアカエミュームシクイ

Southern Whiteface:カオジロムシクイ

帰りがけの風景です。

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)