アリススプリング探鳥4日目


アリススプリングの(11/5)4日目は、ガイドをお願いしていたので、早朝に宿の前でピックアップして探鳥スタート。上のファイルは当日のドライブルート

最初に訪問したのが個人所有のワイナリー。スプリンクラーで、ブドウなどの作物に水を散布していた。・・・・そのだよね、こんなカラカラの時期にはこんな所に鳥が集まるんだよね。
いきなりスプリンクラーに、インコが飛んできた。
Mulga Parrot:セイキインコ

またインコは他に3種

Budgerigar;セキセイインコ

Cockatiel:オカメインコ

Bourke’s Parrot:アキクサインコ

セキセイインコもそうだけど、オカメインコが一番の臆病者。車の中からしか撮影は無理でした。

このワイナリーには他に、
White-winged Fairywren:ハジロオーストラリアムシクイ

Crimson Chat:ベニオーストラリアヒタキ

遠かった!!

Nankeen Kestrel、Brown Falcon, Australasian Pipit,Red-backed kingfisherなどがいました。
そこ私有地から、ダートの公道へ行く途中で

Chirruping Wedgebill:カンムリハシリチメドリ

ピントが(泣)

その後、少しドライブしてトレフィーナゴアージに。

この公園はとにかく道の凹凸が酷いので、ガイドの車のように同じ4WDでも腰の高い車でないと難しい道が多いなという印象であった。

Spinifexbird:マルオセッカ

最初はカッコウかなと思っていました。

Grey-headed Honeyeater:ハイビタイコバシミツスイ

Hooded Robin:クロズキンヒタキ ♀

ついでなのでこんなゴムの木があったので写真で撮影してきた。

少しの珍は撮影できてもやはり、40度以上の気温では、鳥の活性が悪い。ガイドはその辺りも考えて、ボタニックガーデンで昼食後、今日の午後からの探鳥は中止にして明日、早朝の探鳥しようと言ってくれた。空いていたのもあるのだろうが、なかなか良いガイドであった。

暑いから、ゆっくり休んで、近くで撮影できなかったオーストラリアムシクイを汚水処理場の隣の草むらで撮影するのが良いとガイドが勧めてくれた。

流石にこの日は暑すぎで1種しか撮影できなかった。

Splendid Fairywren:ムラサキオーストラリアムシクイ

 

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)