プエルト・マルドナード

 日本からはDelta便でアトランタ経由でリマに夜中に到着し、そこで一泊して、プエルト・マルドナードに飛行機で行きました。

 と言っても、それ何処よということになりますのでGoogle Mapで見るとここです。

もう東がわは、ブラジルのアマゾンに直ぐ近く、南もボリビアに近接している地域です。この町は、アマゾン上流の川に接続しており、今回のTambopata 川の宿は、川を舟に乗って行きます(陸路はありません。Tambopataの宿は全て川沿いです)。

 そんな、プエルト・マルドナードの町の近くで撮影した鳥を紹介します。White-throated Jacamar(ノドジロキリハシ) とPurus Jacamar(クリイロキリハシ)。

 2種ともにRareまたはUncommon、アマゾン上流のペルー、ボリビア、ブラジルの3カ国が近接する地域限定の鳥のようです。なので、ここで見ないといけない鳥なんです。

その時に出てきたStraight-billed Woodcreeper(ケンハシオニキバシリ)もついでに紹介します。この鳥の方は広域種だそうです。

Social Flycatcherも出てきたけどこれは省略します。

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)