Machu Picchu (マチュピチュ)へ

10/25 早朝 5時40分に受付開始6時05分発のマチュピチュ行きの列車に乗りました。全部のツアー込で予約したのでマチュピチュへのツアーも入っていたので、マチュピチュツアーがいくらかは詳しくは知りませんが、オリャンタイタンボへの列車の料金は片道55ドルのようでした。また、マチュピチュの駅から遺跡入り口までのバスが片道24ドル、入場料金が152ソル(ドルではなく現地通貨のソル)。これに、今はガイドを付けることが必須になってます。なので、マチュピチュツアーは高いのでしょう。

朝起きたら雨 (泣)・・・スーツケースは宿に預けてカメラなどの手荷物だけで乗車です。遺跡には、大きなバッグでは入れない。まあ、標高そんなに高くないといっても2000m超えており、坂も多いので遺跡内を歩くのは結構疲れます。

朝のオリャンタイタンボの駅

待合にはコーヒーショップらしきものがありました。

列車はこんな感じで乗り込みます

列車内です。席の間は広く余裕あります。当日は雨だったので車中からの風景が駄目でしたが、マチュピチュに向かって左の席が川沿いになるようで、左の方が良い景色が見られるようです。ツアーだと選べないので、左だったらラッキーということのようです。まあ、右側だったのですが。

車窓からの風景も雨で霧で(泣)(泣)・・・

マチュピチュの駅に到着。ここでバスに乗り換えます。川沿い道路の方にバス停がありました。

バスからの風景もこんなんで、こりゃ駄目だな・・ということで早くも諦めモード。

定番のマチュピチュの遺跡写真。まあ、雨と霧で (泣)(泣)(泣)

コンドルの神殿のコンドルの岩だけ載っけておきます。

一生に一度は行きたい遺産のNo1かなんかになっているようですが、観光客(私もその一人ですが)が多すぎ。私の評価は、まあ絶対にいきたい場所には全く入らない。そんな絶景ではない。遺跡の価値も他の比べて??(比べることは意味ないでしょうが)。そんなに感動はなかったです。

インカは、文字がなかった文明なんで謎が多いというか(記録用に紐の結び目を使った「キープ」とかいうものはありますが)。なので、遺跡がなんのためのものだったかも諸説あります(笑)。ということで、想像が膨らむことはあるかな?

マチュピチュに戻って昼食。

帰りの列車は16:22発だったので、その間少し探鳥を。霧に雨では、日照不足でだめですね。鳥の出も悪かったし。

Andean Motmot(タカネハチクイモドキ)

Slate-throated Whitestart(ベニイタダキアメリカムシクイ)

オリャンタイタンボには6時くらいに到着、駅近くの前泊したLodgeに戻ってスーツケースをピックアップしてクスコの宿に到着したのは8時半くらいになっていました。

一応バードリストを

Common Moorhen
Andean Motmot
Torrent Tyrannulet
Black Phoebe
Tropical Kingbird
Slate-throated Whitestart

 

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)