新PC・・続編

文章だけでは分かりにくいので写真を。また、前回の記載は誤字はともかくとして機材などの名前が間違っていたので修正しておいた。

USB3.0接続のHDDを差し込むクレードル(クレドールと書いてしまいました)

ホットプラグでHDDを簡単に交換できて、一応直置きにならないので使い勝手はいいです。私のことなので、HDDを壊さないように注意しないといけませんDribble

eASTAと書いてしまった。シリアルATAなので当然eSATAです。私の場合、マザーボードのSATAを利用なので、PC稼動中の抜き差しはできません。パソコンの裏側、黒い線がeSATAの線です。12Vの電源は別に供給しています。

何故か不明ながら、eSATAを繋ぐとUSB3.0で繋いだHDDを認識しない?PC起動時からHDDをUSBとeSATAを繋いでおくと認識してくれる。何故?

まあ、USBだけのHDDを繋ぐ時は、稼動時に抜き差しできるので、まあいいやということにしておきました。デルのPCなのでマザーボードの仕様がよく分からんし、安物の仕様でしょうね。

最後に、Light Room 4 であるが、少し調べたら、ハイパースレッディングは利用していないようなので、i7は宝の持ち腐れ、i5の選択でよかったようだ。

 

 

パソコンを買い替え

Light room 4.1は、とても気に入ったのですが、取り込みのカタログ作成や、現像にモタツイテ、何時もイライラしていました。
ある家電ショップでデルのpc がディスプレイ抜きで33千円 で売っていたので衝動買いしてしまいました。
スペックは、i5 3450?、DVDドライブ,メモリー8GB 、1テラのHDD、OS はWin7、64ビット付きというしろもの。いつもは自作派の私もこれは激安と思って買いました。

DVDドライブを今まで使用していたPCのBDドライブに入れ替え、グラフィックボードには、もっていたRadeon HD5670をPCI EXPRESS×16のベイ に差し込んでみた。

i7の4コアを8コアに見せかける技術が使われていないソフトでは、i7の恩恵がないのでi5で十分かなと思ったりしたのですが。LRは対応しているのかな?でも、体感的にはストレスをほぼ感じないで使用できるレベルですね。

64ビットの問題は、RawをPCで表示できるコーデックがメーカーからDLできるのが32ビットなので(ソニーは64ビットも提供しているとか)64ビットのコーデックを探してみた。マイクロソフトのページが提供しているのが他の方のホームページに紹介があったので入れてみたら、表示ができた。

買ったPCは1テラのHDDが乗っていたのですが、これでは不足するので、USB3.0で外付けHDDを使用できるクレドールを購入し2テラのHDDを購入、〆て12千円程度。

また、元のPCのHDDから購入した2テラのHDDに直接コピーしたいので、eSATAのケーブが使用できるようにした(これも後方ベイは元PCを流用)。

この二つのHDDは激速で書き込み、読み出しができました。

いままで、いい加減な写真整理をしてきたのでこれを機会にしっかり整理しようと思っていますが、ルーズが性格なのでどうなることやらです?