Indigo flycatcher:アイイロヒタキ

この鳥には、Bakalalanの山地とキナバル山で2回出会いました。してみると、標高が高い場所にいるようです。これが初めての出会いでしたが、ボルネオ固有種ということでもないようです。

大きさはキビタキくらいでしょうか。Bakalalanでは、2羽一度にいましたし、キナバル山では、結構愛想のよい鳥でしたので、まあ、難しい鳥ではないようです。

英名、和名、ともに、「まんま」の鳥ですね。すこし、目つきがヒタキという割りには可愛くないような気がしますが、私だけの印象でしょうか。

Bakalalanにて

キナバル山にて

 

Bornean Leafbird;ボルネオコノハドリ

アオバネコノハドリ(Bluewinged Leafbird)そっくりさんというか、全く同じ、これが、スマトラとボルネオでは違った種になっている。

この鳥は第2サイトで撮影したのですが、光が悪すぎます。本当に今回は、駄目ですね。コノハドリは、綺麗なのですきなんですが、こんなに光が悪いと悲しくなります。まあ腕もわるいのですが。

キャンプサイトで撮影した鳥(イマイチ編2)

雨天・曇天の中なんで光が全くダメで色で出ていないのが最大の問題なんですが、被写体が今回はヒヨドリなんでこれまた魅力ない。

ですが、一応撮影してきたので、記録としてアップしておきます。まあ、自分の記録用です。

最初はBornean Bulbul;ボルネオヒヨドリ。一応、ボルネオ固有種ではあるのですが、東南アジアのエボシヒヨドリと全く同じような気がしますが、スプリットされたのでしょうか。

Scaly-breasted Bulbul;ウロコヒヨドリ スマトラで会ったようなんですが、どうも写真がない。撮り逃したのでしょうか。

Asian red-eyed Bulbul;アカメチャイロヒヨ 多分普通種ですが、Spectacled Bulbul;コアカメチャイロヒヨという似た種もいますが、orenged-eye ring がありません。