梅木止まり「ツグミ」3種

某都市公園で撮影したものですが、普通あまり見られないトラツグミの枝止まりが撮影できました。取り敢えず普通の「ツグミ」しかも梅の蕾も

もう1枚、枝かぶりだけどこの方が綺麗か?

シロハラも止まったのですが、向きが、それと梅がない

メインの「トラツグミ」、一本枝が邪魔ですが

その枝を外すと、今度は梅の蕾の枝が枝かぶりに、一応、前ボケということにしておきましょう(^-^)/

 

北本で初撮り

日曜日に、ようやく今年初撮りに北本自然公園に行ってきました。先週前から風邪で3連休はダウンして寝ていた。 ところが、行こうかと思って準備をして家を出ると真っ白の世界–雪が降っていた。 一度は諦めたのだが、その内にいい天気になったので、Fpbirdさんを拾って北本へ、其処では既にHさんが撮影していた。 それにしても、寒かった。池が全て凍っていた。

最初は、アリスイが出たというポイントに行ったのですが、1時間ほど待ってもでたのはジョウビ♂♀、モズ程度

そこで、Fpbirdさんのカメラがトラブル仕方ないので、Hさんのところで私がルリビを撮影したら帰ることにしました。すこし待つと出てきましたが、凍った池の周りの刈り取った葦の少し長い枝にとまり、余りいい場所に止まらない。

やっと枝のバックが暗くなる場所止まりました。

 

オオマシコ&イスカ

昨年末近く、Hさんに誘われて「おおましこ」撮影に。あまり寒くなると凍結とか雪とかで難しくなるらしいので、そうなるまでに行ってみた。もっと撮影は難しいのかな?と思っていたが、現地について林道を登っていくと、既に皆さんが撮影していました。♂の成鳥前–だから真っ赤ではありません。

2羽が飛んでいったのでもう少し登っていくと、顔見知りの女性がイスカ発見、初見、初撮りなので飛び立つまで撮影しました。

群れでいたのですが、逆光でイマイチの絵です。また、この鳥自体も輪郭がハッキリ出ない鳥かな?

渡瀬近場の田園にて

渡瀬に行ったら、撮影したい鳥No1ハイイロチュウヒ♂—いままで♀しか撮影できなかったのですが、今回初撮りです。しかし、このハイイロが曲者で、シャッキリした絵にならないです。腕の問題ですかね。露出が難しいです

飛び物も撮影したのですが、ピン甘です。もっと綺麗に撮影しないと、ハイチュウに申し訳ないです。

残念ながら、コチョウゲンは完全逆光でシルエットになってしまうので諦めましたが、コクマルガラスのパンダ版を撮影できました。

サバクビタキ

ケアンズからの帰国後、何か珍鳥が出ているというので行ってきました。モンゴルから西のサバク地帯に住む鳥のようですが。どうやって日本まできたのでしょうね?

迷鳥は、わざわざ日本に来てくれたのだから貴重なんですが!いつもカメラマンは凄い数、私が行った日は最高でした。100名もいました(^^;

ケアンズの墓地や、初日のセンティナリーレイクでは1人で撮影していました。だから、海外探鳥っていいんですね。

現地に行ってもあえるか分からないですが、どんな場所に住んでいるのかが分かることも重要なので迷鳥では片手落ちのような気が私はつきまといます。

サバクに住む鳥なので、木なんかに止まらないので地面ものが中心になってしまいますね。地面ものでなければチョット遠目のこんな枝しか