スンダモリムシクイ:sunda warbler

他の方の掲示板には、chestnut-crowned wabler クリガシラモリムシクイとして紹介したのですが、スンダモリムシクイ:sunda warblerが正解のようです。というか、同種だったのが、分かれて分類されたとありました。違いは、スンダは胸が白い、クリガシラは胸がグレーとのことで、この写真では胸が白いのでスンダということです。
 この鳥は、kerinci山では、よく見ることができました。まあ、可愛い鳥ですが、やはり動きはムシクイ。暗いので確り止まっては写っていないようです。


Rhinoceros Hornbill;サイチョウ

今回の海外探鳥は、13出国-Singaporeに。翌日、海鳥のためのボートツアー+ボタニックガーデン。15日は国境を越えてマレーシアのPnati forestへ、日帰りで、夜便でジャカルタへ。

ジャカルタ→パダン→ケリンチ山(16日)、16-18日Kerinciで探鳥。18日-21日タッパンロード、22日、ジャカルタに戻り夜行便で帰国。

最初は、インパクトのあるこの鳥からです。といっても、サイチョウの種類としては普通種のようです。だだ雨が降ったので羽を乾かすために現れたようです。なので羽を広げたりいろいろなポーズをしていました。こんな機会ななかなかないようです。

また、かなり近くの飛翔も撮影できました。

これは、別の場所で。ノートリなんです。ラッキーでした。