浦安側三番瀬

葛西でオオジュリンを見たあと、クイナを待っていたのですが、全然出てこないので、自宅近くで鳥撮影することに。こんな近くで水鳥撮影出来るのに、水鳥苦手なのは?

だって面倒でしょう、鴨の名前なんて覚えるの面倒だし。どうも水に浮かんでるだけなんでなんか絵に刺激がない。そんな中で、鴨以外のを撮影してきました。なお、鴨は、オナガモ、スズガモ、ヒドリガモくらいでした。

ウミアイサ♀

ウミアイサ♂

ごく普通種のハジロカイツブリ(でも、夏羽に近くなってチョイ・ゴージャス)

先週の癖がついて「カモメ」嘴の先が赤いので「セグロカモメ」

三番瀬の他の鳥

前回の続きです。

私好みの「オオソリハシシギ」–好きな理由は、デカくてさがしやすく、嘴が赤くて、他の鳥と区別し易いのが理由(汗 でもオグロシギという似た鳥もいるので困ります。

オオソリハシシギとオバシギ

ダイゼンも冬羽近くに(違うかな?)

ここ三番瀬の顔?のミヤコドリも近くで撮影できました。

ハジロコチドリ

先週の台風が上陸した日曜日の早朝に三番瀬にまたまたfpbirdさんと言ってきました。当日は、早朝が大潮の満潮、さらに台風の影響か潮位も高かったのか、なかなか干潟が現れず2時間近く待たされました。

あまり、干潟が広がらなかったので普段より近くで撮影できました。

撮影した鳥のなかから「ハジロコチドリ」を、特別レアではないですが比較的個体数が少ない鳥ではあるようです。

ゴカイを引っ張りだして

飛び物も、

水面に映る場面を選んで2枚続けて

ソリハシシギとキョウジョシギ

三番瀬の続編です。

キョウジョシギ。強女シギでは我が家と同じ、こんな名前ではないですね。京女シギが正解かな?

先週もいたのですが、遠すぎて撮影しませんでしたが、今週は少し近寄ってくれたので撮影できました。でも、スピードランナーなんです。