タカサゴミソサザイ:pygmy wren babbler

この鳥の、niltavaなどの.撮影ポイントに出てきました。尾のないミソサザイのような鳥ですがbabbler チメドリなんです。
名前がタカサゴがついているので、台湾にもいるはずですが、何方の場所が撮影しやすいかは別の問題でしょうね。

 

Grey-backed Shrike, チベットモズ

この鳥は、本当は狙っていた Black tailed crake の場所に出てきたモズです。セアオモズともいうようです。なかなかナイスな色合いのモズです。名前の通りヒマラヤ系です。
一応、花がらみで撮影できたのでOKなんですが。なんで、狙いのクイナが出てこなかったのか。ブラインドにかくれて2日間計1時間20分も費やしてしまいました。

それでも、このモズはまあ綺麗な鳥で良かったです。花とまりだし。

long tailed shrike:タカサゴモズ

初日の最後の方のターゲットとしてタカサゴモズを撮影に行ったのですが、あまり近くにはでてきませんでした。
その翌日MR,Deang ?の店に昼食を食べにいったら、そこにタカサゴモズがいました。初見ではないけれど、超トリミングでしか、写真にならないようなものしか撮影したことがなかったので、まあ、いい機会でした。